2019年06月19日

2019年06月18日のつぶやき






posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

2019年06月17日のつぶやき












posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

200万人デモパワーの威力は(香港は独裁を拒否)

現代のデモは独裁に対抗しうるのか?香港では「103万人デモ」が「200万人デモ」に発展しました。毎日新聞は『大規模デモが再び起きたことで、林鄭氏は追い込まれ、16日、「社会に分断と争いを招いてしまった。市民に謝罪する」との声明を発表した。改正案は撤回しなかったものの、12日の機動隊によるデモ隊の強制排除に対する激しい抗議に、謝罪で応じた形だ』としました。
さらに『立法会を鉄柵で囲んでいた機動隊は16日、厳しい警備態勢を解き、デモ隊が立法会を占拠するのを傍観している』と報じました。
そして『林鄭氏はこれまで決して譲らない姿勢で知られ、2017年7月の就任以来、比較的安定した行政運営を維持、中国政府も高く評価してきた。だが今回、改正案の審議をめぐって譲歩を続けたことで求心力が弱まり、改正案の撤回に追い込まれるシナリオも現実味を帯びてきた。政府の統制が弱体化すれば、ほかの中国政府寄りの政策に対しても市民の反発が強まる可能性がある』としていますが、今後の状況は不透明です。
BBCもデモと経緯に詳細を速報しています。


黒色に染まる「香港史上最大の200万人デモ」 延期方針後の日曜日、撤回求め
毎日新聞2019年6月16日
https://mainichi.jp/articles/20190616/k00/00m/030/163000c

香港で16日、刑事事件の容疑者を中国本土の司法当局に引き渡せるようにする「逃亡犯条例」改正案の撤回を求めるデモがあり、香港史上最大となる約200万人(主催者発表、警察発表は33万8000人)が参加した。香港政府は15日に改正延期の方針を示したが、市民は「撤回」を強く求めており、103万人が集まった9日のデモを上回った。

運動のシンボルカラーとなった黒色の服を着た市民は幹線道路を埋め尽くした。さらに、数百人が立法会(議会)の敷地になだれ込み、正面玄関前に座り込んで占拠。審議再開は絶対に許さないという市民の強い意志を香港政府トップの林鄭月娥(りんてい・げつが)行政長官に突きつけた。

 大規模デモが再び起きたことで、林鄭氏は追い込まれ、16日、「社会に分断と争いを招いてしまった。市民に謝罪する」との声明を発表した。改正案は撤回しなかったものの、12日の機動隊によるデモ隊の強制排除に対する激しい抗議に、謝罪で応じた形だ。

 立法会を鉄柵で囲んでいた機動隊は16日、厳しい警備態勢を解き、デモ隊が立法会を占拠するのを傍観している。

林鄭氏はこれまで決して譲らない姿勢で知られ、2017年7月の就任以来、比較的安定した行政運営を維持、中国政府も高く評価してきた。だが今回、改正案の審議をめぐって譲歩を続けたことで求心力が弱まり、改正案の撤回に追い込まれるシナリオも現実味を帯びてきた。政府の統制が弱体化すれば、ほかの中国政府寄りの政策に対しても市民の反発が強まる可能性がある。

 林鄭氏は15日、立法会で年内に審議を再開することは難しいと述べた。香港メディアによると、来年7月までに採決できなければ改正案は廃案となる。妻と子供2人と参加した会社員、陳俊熙さん(35)は「今日のデモで参加者が少なかったら政府は審議再開を狙うに違いない。撤回まで大規模デモを繰り返し続けるべきだ」と語気を強めた。

 12日に起きたデモで機動隊が若者をゴム弾や催涙弾などで攻撃し、80人以上がけがをしたことへの怒りも爆発した。家族連れや主婦らも大勢加わり、殴られて血を流す若者や、催涙弾を撃つ機動隊の写真などをプラカードに張り、林鄭氏に対して若者への謝罪と行政長官の辞任を求めた。12歳の子供と参加した主婦(40)は「機動隊は倒れた若者を繰り返し警棒で殴りつけていた。デモに参加することで私たちの怒りを政府に伝える必要がある」と話した。

 台湾などでも香港市民を支援するデモが行われた。【香港・福岡静哉】


Hong Kong protest: 'Nearly two million' join demonstration
BBC 2019年6月17日
https://www.bbc.com/news/world-asia-china-48656471

Nearly two million people have taken part in a mass protest in Hong Kong against a controversial extradition bill, organisers say.

The number has not been independently verified. If confirmed, it would be the largest protest there since 1989.

The masses turned out despite the suspension of the bill - which would allow extradition from Hong Kong to mainland China - on Saturday.

Hong Kong leader Carrie Lam on Sunday apologised for proposing the bill.

Many protesters, who fear increased Chinese influence over Hong Kong, are calling on her to resign over the unrest.

They are also demanding that the bill be scrapped, not just suspended.

What happened at the protest?
"Today's march we had almost two million people," Jimmy Sham, from the Civil Human Rights Front protest group, told reporters late on Sunday evening.

See the scale of the march in photos
The protest was mainly peaceful, with police officers reportedly holding back to allow the throngs of people to slowly pass through the city. This contrasted to scenes at the last previous major demonstration on Wednesday, which saw clashes between protesters and police that injured dozens.

The demonstration began early in the afternoon in Victoria Square, with many wearing black.

Many held white flowers to mourn a protester who fell to his death on Saturday from a ledge, where hours earlier he had unfurled an anti-extradition banner.

The progress of the march was slow, as the large numbers of people blocked many streets and crowded train stations.

As darkness fell, protesters started to take over major roads and crossings and surrounded the legislative council building.

They carried placards that read "The students did not riot", in response to police labelling last Wednesday's student protests a riot - an offence punishable by up to 10 years in jail.

All you need to know about the protests
Hong Kong-China extradition plans explained
There was scepticism among some protesters about Ms Lam's decision to suspend the bill.

"Carrie Lam has ignored the feelings of Hong Kongers," Mr Ma, a 67-year-old protester, told the BBC. He said Ms Lam had "acted like it was no big deal" after a reported million people marched last week.

"Secondly, we are marching for the students who were brutally treated by the police. We need to get justice for them."

Chloe Yim, 20, who had joined the protests for the first time, said: "If Carrie sees so many people come out, and still doesn't listen - she's being an autocrat who doesn't listen to people. Hong Kong people can't accept that."

'Too little too late'
Analysis by Helier Cheung, BBC News, Hong Kong

The government had hoped to reduce public anger by announcing a pause in the legislation on Saturday.

That has patently failed, as even bigger numbers - close to two million, according to the organisers, took to the streets.

For the chief executive, the demonstrations will have taken on a particularly personal bent, as protesters chanted "Carrie Lam - resign!" throughout during the day.

The government is now trying to strike a conciliatory tone - in a statement, it said it understood the protesters' views "have been made out of love and core for Hong Kong". It promised the chief executive would adopt a more "sincere and humble attitude" towards public criticism.

But this is too little, too late for many protesters, who insist they won't settle for anything less than the bill being completely withdrawn.

The new face of the HK protests
The scenes are reminiscent of 2003 - when half a million people protested against proposed national security legislation. The unpopular chief executive at the time, Tung Chee-hwa, resigned months later.

But even if Ms Lam resigns, there's no guarantee that protesters will be satisfied with whoever replaces her - especially as, under Hong Kong's political system, the leader is elected by a small panel filled with allies of the Beijing government.

What is the controversy about?
Hong Kong is a former British colony, but was returned to Chinese rule in 1997 under a "one country, two systems" deal that guarantees it a level of autonomy.

The government had argued the proposed extradition bill would "plug the loopholes" so that the city would not be a safe haven for criminals, following a murder case in Taiwan.

Critics have said the legislation would expose people in Hong Kong to China's deeply flawed justice system and lead to further erosion of the city's judicial independence.

Many fear the law could be used to target political opponents of the Chinese state. A large-scale march, which organisers said drew more than one million people, was held last Sunday.

On Wednesday tens of thousands gathered to blockade streets around government headquarters to try to stop the second reading, or debate, of the extradition bill.

China’s history of extraordinary rendition
Will the bill damage Hong Kong's star status?
There were clashes and 22 police and 60 protesters were injured. Authorities say 11 people were arrested. The police have been accused by some rights groups of excessive force.

Why the anger at Carrie Lam?
Much of the public anger has been directed at Ms Lam, the region's elected chief executive - who is firmly supported by Beijing.

Part of that anger comes from a tearful address after Wednesday's violence in which she labelled the protests "organised riots" ? a label rejected by the hundreds of thousands of peaceful protesters.

Ms Lam remained hidden from public view for days, until her announcement on Saturday the she had heard the calls for her government to "pause and think". But she stopped short of saying the bill would be permanently shelved.

Profile: Carrie Lam, Chief Executive of Hong Kong
On Sunday, she followed this up with a statement apologising for "her government's work that has led to substantial controversies and disputes in society, causing disappointment and grief among the people".

There has been speculation among analysts about Ms Lam's future amid the continued protests, but China's foreign ministry publicly backed her on Saturday.

Is Hong Kong part of China?
Hong Kong was a British colony from 1841, when China ceded the island to the British after the First Opium War - which had erupted over British traders smuggling opium into China. It remained a colony until sovereignty was returned to China in 1997.

It is now part of China under a "one country, two systems" principle, which ensures that it keeps its own judicial independence, its own legislature and economic system.

Beijing's struggle to win Hong Kong's young hearts
The Hong Kong handover in a nutshell
A timeline of Hong Kong's history
It is what China calls a special administrative region - enjoying a great deal of autonomy that has made it a key business and media hub in the region.

But it remains subject to pressure from mainland China, and Beijing remains responsible for defence and foreign affairs.

Are you taking part in the protests today? If it is safe to do so please get in touch by emailing haveyoursay@bbc.co.uk.

You can also contact us in the following ways:

WhatsApp: +44 7555 173285
Tweet: @BBC_HaveYourSay
Send pictures/video to yourpics@bbc.co.uk
Upload your pictures/video here
Text an SMS or MMS to 61124 (UK) or +44 7624 800 100 (international)

ラベル:独裁
posted by ichi3 at 12:24| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日のつぶやき










posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

2019年06月15日のつぶやき




posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

2019年06月14日のつぶやき












posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

2019年06月13日のつぶやき




posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

2019年06月12日のつぶやき


posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

2019年06月11日のつぶやき






posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

2019年06月09日のつぶやき
















posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

2019年06月08日のつぶやき








posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

2019年06月07日のつぶやき




posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

2019年06月06日のつぶやき
























posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

2019年06月05日のつぶやき


posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

2019年06月04日のつぶやき




posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

2019年06月03日のつぶやき










posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

2019年06月02日のつぶやき






posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

2019年06月01日のつぶやき








posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

2019年05月31日のつぶやき


posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

2019年05月30日のつぶやき








posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

2019年05月29日のつぶやき










posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

2019年05月28日のつぶやき








posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

2019年05月27日のつぶやき


posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

2019年05月26日のつぶやき


posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

2019年05月25日のつぶやき














posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

CRYSTAL SYMPHONYは東京港に停泊中2019May

CRYSTAL SYMPHONYは大阪港から2019年5月25日に東京港に着岸中です。
ブリッジカメラ
http://www.crystalcruises.com/cruises/cruise-guidebook/our-ships/crystal-symphony/live-views

LIVE VIEWをクリックし、
4種類の映像を選択できます。
Starboard  Port  Computer Lab  Bridge
https://www.crystalcruises.com/ships/crystal-symphony-19

CRYSTAL SYMPHONYの現在地(2019年5月29日訂正)
https://www.marinetraffic.com/en/ais/details/ships/shipid:369704/mmsi:309168000/imo:9066667/vessel:CRYSTAL_SYMPHONY
posted by ichi3 at 21:54| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファーウェイの告発はネット社会の暗闘部分

ファーウェイを巡る米中の戦いは次世代の「5G覇権」が重要事項ですが、身近なアイテムであるスマホのOSやアプリの供給制限をアメリカ企業が実施することにより、一気に一般ユーザーの不安をかき立てる状況が生まれました。グーグル傘下のOSやアプリ使用不能とする戦略は、ユーザーにとって非常にわかりやすい脅しとなります。
一方、ネットワークやサーバなどのリスクは非常にわかりにくいのが現実です。Forbes JAPANは『オランダでファーウェイ製品の「バックドア」発見、政府が調査』というヘッドラインの記事を配信しましたが、『[訂正]初出時に「オランダの大手通信キャリア3社のデバイスに」としていた部分を、「大手通信キャリア3社のうち1社のデバイス」に訂正しました。また、「イタリアで導入したファーウェイの通信デバイスに、バックドアが見つかった」とブルームバーグが報道した件について、その後、ボーダフォン側が「この報道は事実と異なる」と否定した件を追記しました』とも報じており真相は不明です。
アメリカは中国政府がネット経由で秘密裏に情報収集していると非難していますが、アメリカ政府も国家安全保障局(NSA)等がネットを利用して世界の情報収集・分析をしています。http://ichi3.seesaa.net/article/450473735.html
中国やアメリカに限らず世界中の国家や組織そして企業は類似の行動をしていると考えるのが正解です。ファーウェイ事件はネット社会が内包する重要な問題提起といえます。


華為制裁、トランプ氏の手札に 「非常に危険だ」とクギ
朝日新聞 2019年5月24日
https://digital.asahi.com/articles/ASM5S55M8M5SULFA02D.html?ref=tw_asahi
 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への輸出制限をめぐり、トランプ米大統領は23日、今後の米中通商協議で取引材料に使う考えを示唆した。中国の航空会社13社は、苦境に立つ米航空機製造大手ボーイングへの賠償請求に踏み切った。米中対立が深まる中、日本でもネットや店頭で華為製品の販売を取りやめる動きが広がった。

 トランプ氏はホワイトハウスで記者団に対し、6月末に大阪である主要20カ国・地域(G20)サミットで、習近平(シーチンピン)国家主席と会談することに改めて意欲を表明。協議で合意できた場合には「華為も何らかの形で取引に含まれうる」と語る一方、「安全保障や軍事的な観点から、華為がやってきたことは非常に危険だ」とクギも刺した。

 米政権が輸出制限をかけたことで、華為のスマートフォンへの懸念が広がった。ポンペオ国務長官は23日、米テレビに、華為と取引を控える米企業が今後増えるとの見通しを示した。

 念頭にあるのは、昨年4月に輸出禁止をかけた華為の同業、中興通訊(ZTE)だ。米国製の半導体を輸入できずに経営危機に陥った。トランプ氏は7月、習氏からの要請だと強調して制裁解除に応じ、巨額の制裁金の支払いや経営陣の刷新を受け入れさせた。華為の制裁も「カード」としてちらつかせ、行き詰まった米中協議で習氏から譲歩を引き出す計算が透ける。

 これに対し、中国外務省の陸慷報道局長は24日、トランプ氏の発言について「米国の指導者の言ったことの意味が分からない。米国は国家権力で他国企業を抑圧し、市場を攪乱(かくらん)する誤った行為を改めるべきだ」と非難。ポンペオ氏についても「米国の一部の政治屋は絶えず中国についてデマを流す」と批判した。

 華為も強気を崩していない。任正非(レンチョンフェイ)・最高経営責任者(CEO)は18日、記者会見で「ZTEと同じ道を進むようなことは絶対にない」と強調した。

 華為は15年前、半導体子会社「海思半導体(ハイシリコン)」を設立し、自前で作る能力を備える。在庫も豊富で「1年は対応可能」との見方もある。

 だが、そのハイシリコンに対して半導体の設計を提供してきた英ARMも取引を停止する、と英BBCが報じた。華為がARM抜きで半導体の能力を高められるかはわかっておらず、技術革新で後れをとって競争力を失う可能性がある。(ニューヨーク=江渕崇、北京=福田直之)

広がるファーウェイ製品の販売停止
 華為の先行きに不透明感が高まる中、生活に身近な小売業界にも製品販売を控える動きが目立ってきた。

 小売り各社が販売をためらうのは、スマートフォンに使われる米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」などのアフターサービスに不安が残るためだ。最新機種「P30」の発売を見送ったノジマの広報担当者は、「メーカーサポートが受けられない可能性がある」と話した。

 インターネット通販大手アマゾンジャパンは最新のP30だけではなく、他の機種やタブレットを含めたほとんどの華為製品の販売を停止した。理由はやはり「OSへの懸念」だった。影響力の大きいアマゾンの判断で、消費者や小売業界に華為製品への警戒感が強まる可能性がある。

 一方、P30の発売に踏み切ったところもある。ビックカメラとヨドバシカメラは24日、当初の予定通り販売を始めた。両社とも今後の方針は「特に決まったことはない」(ビックカメラ広報)としている。

 携帯電話業界の関係者は「米中の交渉次第の部分もあり、今後の行方はまだ不透明」とみており、華為製品を扱う企業が苦慮する状態はしばらく続きそうだ。(井上亮、長橋亮文)


オランダでファーウェイ製品の「バックドア」発見、政府が調査
Forbes JAPAN 2019年5月20日
https://forbesjapan.com/articles/detail/27203?n=1&e=27317
米ドナルド・トランプ大統領は5月15日、米国企業に対し、安全保障上の脅威となる外国企業の通信機器の調達を禁止する大統領令に署名した。ここで述べられた「外国企業」が中国のファーウェイを指していることは明白だ。

それから24時間も経たないうちに、オランダの諜報機関AIVDが、ファーウェイに対する調査を開始したと現地メディアのVolkskrantが報じた。ファーウェイには、オランダでの中国のスパイ活動に関与した疑いがもたれているという。

記事は関係筋の情報として、「ファーウェイはオランダの大手通信キャリア3社のうち1社のデバイスに、バックドアを潜ませ、データを収集していた疑いがある」と伝えている。AIVDは、これらのバックドアと中国政府のスパイ活動の関連を調査中という。

AIVDや通信キャリアは、コメントを避けている。「当局は報道された件を肯定も否定もしない。進行中の案件に関わる質問には回答しない」とAIVDはVolkskrantの取材に応えた。

トランプの大統領令への署名を受けて、米国商務長官のウィルバー・ロスは「この命令は外国の諜報機関による、米国の国家機密の略奪を防ぐためのものだ」と述べた。オランダの諜報機関が、素早い反応を見せたことは彼らにとって非常に喜ばしいはずだ。

米国は昨年から中国の通信機器メーカーに対する危機感を高めており、とりわけファーウェイを問題視してきた。欧州は米国がファーウェイの追放を目指す上で、非常に重要な拠点だ。

先日、ロンドンを訪問したマイク・ポンペオ米国務長官は「米国の同盟国の間にセキュリティの不備があるとしたら、国同士の信頼が損なわれる。西側諸国の同盟関係にヒビを入れることが、中国の望みだ」と述べていた。

ポンペオはさらに「米国にはアメリカ企業が活動を行う国で、セキュリティ上のリスクが発生していないことを確認する義務がある」とも述べていた。

イタリアでも「バックドア」が発見との報道

AIVDはかつて「我が国にセキュリティ上の脅威を与えようとする国の企業が製造した、ハードやソフトを用いることは危険だ」と警告していた。これは、中国やロシアを指した発言だと思える。

さらに、ブルームバーグは4月30日の記事で、「ボーダフォンが2011年から2012年にかけてイタリアで導入したファーウェイの通信デバイスに、バックドアが見つかった」と報じていた。ただし、ボーダフォンはこの報道に対し「これはバックドアではなく、単なるセキュリティ上の欠陥だ」と後に述べ、ブルームバーグの報道を否定した。

仮に今回の報道が事実であるとすれば、ファーウェイはイタリアで疑惑が持たれたのと同様の行為をオランダでも行っていたことになるが、それを証明するためには何らかの証拠が必要になる。

いずれにせよ、トランプの大統領令が英国やその他の欧州諸国にさらなる頭痛のタネを与える中で、今回の事態はさらに問題を悪化させる可能性がある。

[訂正]初出時に「オランダの大手通信キャリア3社のデバイスに」としていた部分を、「大手通信キャリア3社のうち1社のデバイス」に訂正しました。また、「イタリアで導入したファーウェイの通信デバイスに、バックドアが見つかった」とブルームバーグが報道した件について、その後、ボーダフォン側が「この報道は事実と異なる」と否定した件を追記しました。
編集=上田裕資
posted by ichi3 at 14:20| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日のつぶやき








posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

2019年05月23日のつぶやき
















posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

2019年05月22日のつぶやき






posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

2019年05月21日のつぶやき










posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

2019年05月20日のつぶやき








posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

2019年05月18日のつぶやき




posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

日本政府の統計不正は底なし(政府は責任を放棄)

国家が管理する統計は国家の信頼を担保する基本情報です。それが崩れているならば、日本の信頼度は国際的に失墜し続けています。これは取り返しのつかない政府の失態といえます。
毎日新聞は『基幹統計の不適切対応(24統計)と合わせ、問題があったのは政府の288統計の6割強の178統計に上った』としています。総務省統計委員会の点検検証部会は『最低賃金実態調査は最低賃金を算出するデータとして活用されているが、同部会は「重大な影響は生じない」としている 』と責任を放棄しています。

全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
毎日新聞2019年5月16日
https://mainichi.jp/articles/20190516/k00/00m/010/216000c
 総務省統計委員会の点検検証部会は16日、毎月勤労統計(厚生労働省)の不正調査問題を受けた政府統計の追加点検結果を発表した。特に重要度の高い「基幹統計」(56統計)を除く「一般統計」(232統計)のうち154統計で不適切な対応があったと認定した。基幹統計の不適切対応(24統計)と合わせ、問題があったのは政府の288統計の6割強の178統計に上った。

 不適切対応のあった一般統計154統計のうち、「最低賃金に関する実態調査」(厚労省)や「全国貨物純流動調査」(国土交通省)など16統計でプログラムミスなどによる数値の誤りがあった。「中小企業実態基本調査」(経済産業省)など11統計では調査対象を一部除外するなどのルール違反があったと認定した。他にも集計結果の公表遅延が81統計、調査期間のずれなどが40統計で確認された。

 最低賃金実態調査は最低賃金を算出するデータとして活用されているが、同部会は「重大な影響は生じない」としている。

 同部会は同日、各府省に統計調査が適切に行われているか審査する課長級の専任担当者を配置するなどの再発防止策の素案も発表した。7月までに正式決定する方針。【竹地広憲】
posted by ichi3 at 11:12| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日のつぶやき












posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

2019年05月16日のつぶやき










posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

顔認証システムを規制(サンフランシスコ市議決)

顔認証システムの進化は著しく、町中や店舗での利用が見込まれています。しかし、プライバシーに対する脅威は甚大です。特に警察や治安と連携する場合は取り返しの聞かないリスクが発生します。
サンフランシスコ市議会は『警察などの公共機関が顔認証技術を使うことを禁じる条例案を賛成多数で可決した。市民の権利や自由を守るのが狙いで、米CBSテレビによると、この技術を禁じるのは米国の都市で初めて』と朝日新聞が報じました。その根拠として『顔認証技術が、市民の権利や自由を侵すおそれのほうが、その技術から得られる恩恵よりも大きい」と指摘しており、今後予定される市長の署名から30日後に発効する。監視カメラなど、他の監視技術への規制も強める』としています。
なお、『ただし、企業や連邦政府は禁止の対象外。米国の多くの空港では、連邦政府が安全対策として顔認証技術を導入しており、引き続き使われる』としており、特定の場所での顔認証利用は継続されるとしています。


警察の顔認証使用禁止へ サンフランシスコ「自由侵す」
朝日新聞 2019年5月15日
https://digital.asahi.com/articles/ASM5H54F3M5HUHBI02F.html?iref=comtop_8_05
 米サンフランシスコ市議会は14日、警察などの公共機関が顔認証技術を使うことを禁じる条例案を賛成多数で可決した。市民の権利や自由を守るのが狙いで、米CBSテレビによると、この技術を禁じるのは米国の都市で初めて。6月にも導入される見通しだ。

 条例は「顔認証技術が、市民の権利や自由を侵すおそれのほうが、その技術から得られる恩恵よりも大きい」と指摘しており、今後予定される市長の署名から30日後に発効する。監視カメラなど、他の監視技術への規制も強める。

 ただし、企業や連邦政府は禁止の対象外。米国の多くの空港では、連邦政府が安全対策として顔認証技術を導入しており、引き続き使われる。

 顔認証は、監視カメラなどで撮影した映像を、人工知能(AI)で認識して人物を特定し、防犯などに役立てる技術。AIは、より多くの画像データを学習することで認識率が上がるが、初期段階で蓄積している顔写真データが白人男性に偏っているとされ、「肌の色の濃い人や女性を判断する際には誤認が多く差別を助長する」という批判も根強い。

 サンフランシスコやその南部のシリコンバレー地域には、世界的なIT企業が集まっている。そうした地域の自治体が顔認証を禁止することは、ほかの地域にも影響を与えそうだ。

 米メディアによると、近郊のオークランド市や、マサチューセッツ州のサマービル市でも同様の条例の検討が進んでいるという。(サンフランシスコ=尾形聡彦)
ラベル:安全と安心
posted by ichi3 at 12:06| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日のつぶやき








posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

2019年05月14日のつぶやき








posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

米中貿易摩擦株安 2(中国が対米報復関税発動)

中国が5月13日に対米報復関税を発動させると発表しました。関税の「報復戦争」は収束させるのが容易ではないとされ事態は深刻です。
日経新聞は『中国国務院(政府)は13日、2018年9月に5〜10%の追加関税をかけた600億ドル(約6兆6千億円)分の米国製品について、関税率を5〜25%に引き上げると発表した。6月1日から実施する。トランプ米政権も中国からの輸入品すべてに制裁関税を課す「第4弾」の詳細を13日に公表する。関税の応酬を巡る米中の衝突が激化している』としています。
朝日新聞は『中国が具体的な対抗策に踏み切ったことで、米中貿易摩擦は一段とエスカレートした。世界経済に大きな影響が出る可能性がある』と報じました。
ニューヨークのダウ平均は600ドルを超える大きな下落となっています。

アップル株価
https://www.marketwatch.com/investing/stock/aapl

各国の株式市場の現状は 
http://www.w-index.com/
アメリカ株式市場のリアルタイムサイトは 
http://www.marketwatch.com/investing/index/djia
今日の世界株価指数は 
http://nikkei225jp.com

中国が報復関税 600億ドル分を最大25%に引き上げ
朝日新聞 2019年5月14日
https://digital.asahi.com/articles/ASM5F73HJM5FULFA050.html?iref=comtop_8_05
 中国政府は13日、米国からの輸入品600億ドル分(約6兆6千億円)にかけていた5〜10%の「第3弾」の追加関税の税率を、6月1日から最大25%に引き上げると発表した。米国が今月10日に発動した中国からの輸入品2千億ドル(約22兆円)の追加関税の引き上げへの報復措置となる。

 中国が具体的な対抗策に踏み切ったことで、米中貿易摩擦は一段とエスカレートした。世界経済に大きな影響が出る可能性がある。

 中国は昨年9月24日、米国の「第3弾」の追加関税への報復として、農産品や鋼材、電子製品など600億ドル分、5207品目に5%か10%の追加関税をかけた。今回の発表では、25%、20%、10%、5%の4段階の税率を適用することで、一部の税率を引き上げる。課税対象は5140品目で、当初の「第3弾」より67品目減っている。

 米国による今月10日の追加関税引き上げと違い、中国が一律で25%にしないのは自国経済への影響を最小限にするためとみられる。

 中国はまた、事業者からの申請に応じて、課税対象から1年間外す特例の導入も発表した。@代替品を探すのが難しいA申請者が大きな損をしたB業界に大きな悪影響がある――場合に受け付ける。紛争長期化への対策とみられる。

 一方、発動日は、米国による今月10日の追加関税引き上げで、6月1日から適用が本格化することにそろえた。今後の協議は、6月1日を念頭においた駆け引きになりそうだ。

 米政府は13日、3千億ドル(約33兆円)分の「第4弾」となる追加関税の詳細を発表する。トランプ大統領は中国の発表直前の13日朝、「中国は報復すべきではない――(報復すれば)もっと悪い状況になる!」とツイートしていた。(北京=福田直之、ワシントン=青山直篤)


中国が報復関税、最大25%に上げ
日経新聞 2019年5月13日
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44743950T10C19A5MM8000/?nf=1
北京=原田逸策】中国国務院(政府)は13日、2018年9月に5〜10%の追加関税をかけた600億ドル(約6兆6千億円)分の米国製品について、関税率を5〜25%に引き上げると発表した。6月1日から実施する。トランプ米政権も中国からの輸入品すべてに制裁関税を課す「第4弾」の詳細を13日に公表する。関税の応酬を巡る米中の衝突が激化している。

中国の追加関税の対象となるのは約5200品目。関税率が10%になっている品目のうち、液化天然ガス(LNG)やはちみつ、工具、家具など約2500品目を25%に上げる。肥料、歯磨き粉、紙類、発電機など約1100品目は20%に引き上げる。

米国が10日に中国製品2千億ドル分への追加関税を10%から25%に引き上げたことへの対抗措置だ。関税引き上げによる中国企業への打撃を防ぐため、適用除外の申請も受け付ける。

一方でトランプ政権は13日、現在は対象外となっている中国製品の約3千億ドル分について、制裁関税を課す「第4弾」の詳細を公表する。

米通商代表部(USTR)が関税の税率や対象品目などを明らかにする。産業界の意見を聴く公聴会など今後の日程も示すため、実際の発動日なども判明する見通し。これまでは原案の公表から発動まで2カ月超かかっている。
posted by ichi3 at 01:06| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする