2016年06月30日

2016年06月29日

2016年06月28日のつぶやき


posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

2016年06月27日のつぶやき




posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

2016年06月26日のつぶやき


posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

2016年06月25日のつぶやき


posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

2016年06月24日のつぶやき




posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

イギリスEU離脱とグローバル戦争のリスク

イギリスの国民投票でEU離脱が確定し、為替と株価に大きな変化が起こっています。
世界同時株安のリスクは直視しなければなりませんが、BBCが指摘する欧州各国で極右政党がさらなる台頭する可能性があります。
フランス極右政党国民戦線のマリーヌ・ルペン党首は、イギリスの国民投票に先立ち『17日にウィーンで開かれた各国の極右政党が集まった会合で、高い失業率や「密輸業者、テロリスト、経済移民」を締め出せずにいるのはEUの責任だと語った』とBBCが報じています。
経済的クライシスは失業不安と容易に結びつきます。そして戦争準備への市民の意識を一気に高めます。21世紀の戦争は宗教の要因が絡みますから国家や地域の枠を超えて、まさにグローバルな現象となる恐れがあります。「いつでもどこでも」はスマホを象徴するキーワードですが「いつでもどこでも戦争」は断じて避けなければなりません。
各国の株式市場の現状は 
http://www.w-index.com/
アメリカ株式市場のリアルタイムサイトは 
http://www.marketwatch.com/investing/index/djia
今日の世界株価指数は 
http://nikkei225jp.com/

【英国民投票】欧州各国で投票実施求める声 離脱勝利受け
BBC 2-16年6月23日
http://www.bbc.com/japanese/36619836
英国で23日に実施された国民投票で英国の欧州連合(EU)離脱支持が勝利したことを受けて、フランスやオランダなどの極右政党からそれぞれの国で国民投票を実施するよう求める声が相次いだ。
フランスの極右政党、国民戦線のマリーヌ・ルペン党首がツイッターで、フランス国民にも選択する権利があると述べたほか、オランダの移民反対を訴える政治家ヘルト・ウィルダース氏もオランダのEU離脱を問う投票が行われるべきだと発言。イタリアの極右政党「北部同盟」が「今度は我々の番だ」と表明した。
英国の国民投票では、離脱が52%の支持を集め、残留は48%に。EUの前身、欧州経済共同体(EEC)に英国が1973年に加盟して以来の欧州との関係に、終止符を打つことになった。
アナリストたちは、ドミノ効果のように離脱の動きが広がり、EU全体に動揺が及ぶことをEU各国の政治家は懸念していると指摘する。
ルペン氏は、自らのツイッターアカウントに英国旗を載せ、「自由に勝利を。何年も言ってきたが、フランスや他の国でも同じような国民投票をやるべきだ」とツイートした。
ルペン氏はフランスで2017年に予定される大統領選挙の有力候補だが、世論調査では、決選投票で敗北するとの見通しが示されている。
ルペン党首は先週17日にウィーンで開かれた各国の極右政党が集まった会合で、「英国人たちよりも、フランスがEUを離脱する理由の方が1000以上多そうだ」と述べた。
ルペン氏は、高い失業率や「密輸業者、テロリスト、経済移民」を締め出せずにいるのはEUの責任だと語った。

英国民投票
EU離脱へ…欧州統合に打撃、世界経済も激震
毎日新聞2016年6月24日 
【ロンドン矢野純一】欧州連合(EU)からの離脱の是非を問う英国の国民投票は23日午後10時(日本時間24日午前6時)、投票が締め切られ、即日開票された。英BBCは24日早朝(同午後)、離脱派が多数を占めることが確実となったと速報した。24日午前5時25分(同午後1時25分)現在、全382投票区中、353投票区で開票が終了し、離脱派が51.8%、残留派が48.2%と離脱派がリードしている。離脱により、国民生活が左右されるだけでなく、第二次世界大戦後から続いてきた欧州統合の行方や世界経済に大きな影響を与えることは必至だ。キャメロン首相の進退に影響する可能性もある。投票率は72.2%だった。

東証
一時1000円超下落

毎日新聞 2016年6月24日
 24日の東京株式市場は、欧州連合(EU)からの離脱を問う英国民投票で離脱派が優勢との見方から株価が急落。日経平均株価は一時、前日終値比1000円超値下がりし、1万5200円台をつけた。


posted by ichi3 at 22:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日のつぶやき




posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネット炎上のプロセスを分析・検証

「ネット炎上」の発生とそのプロセスについて、朝日新聞がグリー職員の高校生向け講演会から、具体例を取り上げわかりやすく紹介しています。
たとえば、ネットに投稿された「いじめ動画」の拡散経過を分析し、「2ちゃんねる」を経由してなんと10分後に「炎上」が始まったとしています。また、記事では『少年らは着ているジャージーのデザインから通う中学校が特定された。2ちゃんねるに在校生名簿がすぐ転載され、動画内での呼び名と名簿との突き合わせが始まる。3人全員の身元が、1時間10分後には特定されていた』とし、さらに『父親の会社や電話番号、学校の担任、自宅の外観写真も次々投稿された。「今も3人分の引っ越し先の住所番地が載っています。終わらないんですよ、炎上って。一度はじまったら燃やし尽くすまで止まらないんです」。炎上が収まっても、ネット上には痕跡が残り続ける』と分析しています。
 「全国webカウンセリング協議会」によると『ツイッターやフェイスブックには、投稿を友人知人以外には見せない設定もある。だが、知人が投稿をネット掲示板などに転載してしまえば、誰でも見られる。安川雅史理事長は「本人は対策をしているつもりでも対策になっていない。炎上するのは大抵このパターンだ」と指摘する』と同記事は伝えています。これが事実なら、ネット炎上したらもはや取り返しのつかない致命的なダメージ、とも受け止められます。
インタビューで、ネットについての知識・教育が必要としていますが、それを担う教育機関や組織はほとんど無いのが日本の現実です。したがって「炎上」を避けるためには「高速道路」に高性能車で走るのは避け、「一般道」を徒歩か自転車で走るのがベターな対応と思います。

ネット炎上、招かぬ極意 その投稿、玄関先に貼れる?
朝日新聞 2016年6月23日
http://digital.asahi.com/articles/ASJ6K3W06J6KUEHF004.html?iref=comtop_8_01
インターネット上に不用意な書き込みをしたり、違法行為を見せびらかしたりして、猛烈な非難を受ける「炎上」が急増している。手軽に書き込みや画像を発信できるスマートフォンの普及が背景にある。若者らに炎上の怖さと、防ぎ方を説いて回る専門家の講演を聴いた。
 「皆さんの中に今後、ネットで失敗して人生を駄目にする人が1人か2人います。この人数をゼロにしたい」
 東京都文京区の都立工芸高の大教室で4月、IT大手グリー(東京)の小木曽健さん(43)が1年生90人に話し始めた。2010年に入社し、ブログやチャットなどのネットサービスで規約違反行為がないかパトロールする部署の責任者を務めた。その経験をもとに5年前から中高生や企業を対象に講演を始めた。最初の年は9回。それが昨年は385回に増えた。一番伝えたいのは「ネットと現実は常に地続き」ということだ。
 教室のスクリーンに東京・渋谷のスクランブル交差点の写真が映った。真ん中に学校名や携帯番号を書いたボードを掲げた少女が立っている。
 「インターネットにものを書くということは、この交差点に掲げることと同じ。まだこの交差点の方がましなくらいです」。通るのは1日40万人。ボードを下ろすこともできると解説し、「でもインターネットは一度あげたら二度と下ろせません。全世界に公開され続けます」と加えた。
 次に、男子中学生3人が同級生を暴行する「いじめ動画」をユーチューブに投稿した時の炎上の分析結果を紹介した。少年らがスマートフォンから動画を投稿したのは、午後8時すぎ。動画がネット掲示板「2ちゃんねる」に転載され、炎上が始まったのはわずか10分後のことだった。
 数々の事例を調べると、炎上は一気に情報が拡散し、100万人を超すネット利用者が集まってくる。「炎上してるこいつのこと、知ってるぞという人間がいない方が、不自然です。ネットで馬鹿騒ぎを起こすと、身元は絶対ばれます」と断言した。
 「いじめ動画」でも、少年らは着ているジャージーのデザインから通う中学校が特定された。2ちゃんねるに在校生名簿がすぐ転載され、動画内での呼び名と名簿との突き合わせが始まる。3人全員の身元が、1時間10分後には特定されていたという。
 父親の会社や電話番号、学校の担任、自宅の外観写真も次々投稿された。「今も3人分の引っ越し先の住所番地が載っています。終わらないんですよ、炎上って。一度はじまったら燃やし尽くすまで止まらないんです」
 炎上が収まっても、ネット上には痕跡が残り続ける。
 私立高校の推薦合格を得たのに、高校に過去の炎上を告発する電話が入り、推薦が取り消された中学生。恋人の親戚が炎上に気づき、結婚話がつぶれた20代女性。様々な実例を紹介し、「人生の大事な場面で過去の炎上が、がんと足を引っ張ってくる。それが炎上の本当の恐ろしさです」と語りかけた。
 どうすれば、炎上を避けられるか。講演の終盤で、必ず見せるという1枚の写真を映した。「カンニング成功 オール100点かもね」と大きな紙が貼られた玄関ドアだ。そして、こう呼びかけた。
 「家の玄関ドアに貼り出せる内容なら、どんなものでもネットに書いて大丈夫。家の玄関に貼れないものは絶対に書けない。だって人生終わるんですよ。人生終わってもいいから貼りたいものってありますか? ないはずです」
 小木曽さんの講演は無償。依頼はグリーのウェブサイト(http://corp.gree.net/jp/ja/csr/別ウインドウで開きます)から。

■5年で10倍、就活に影響も
 危機管理コンサルティング会社のエルテス(東京)の調査では、書き込みや画像が非難を浴び、ツイッターで1時間あたり50回以上転載されるなどしたネットの炎上は2015年に1002件あった。102件だった10年の約10倍だ。
 営業責任者は「スマートフォンが普及し、特に中高生は友だちとのやりとりにLINEやツイッターが欠かせない。炎上への危機管理が欠けているのにツールを使わざるを得ない状況が、増加に拍車をかけている」と分析する。
 一方、炎上の代償は大きくなっているようだ。ネット上のトラブル相談に応じる任意団体「全国webカウンセリング協議会」(東京)によると、社員が炎上すると信用が傷つくとして、入社希望者の氏名を検索し、炎上の有無を確認する企業が多くなっているという。
 ツイッターやフェイスブックには、投稿を友人知人以外には見せない設定もある。だが、知人が投稿をネット掲示板などに転載してしまえば、誰でも見られる。安川雅史理事長は「本人は対策をしているつもりでも対策になっていない。炎上するのは大抵このパターンだ」と指摘する。そして、「まず大人がネットへの理解を深めること。そして家庭や学校で子どもたちに、大切な知識として、ネットとのつきあい方を教えていく必要がある」と話している。(信原一貴)

■ネット炎上の主な相談窓口
・みんなの人権110番(相談は無料)
0570・003・110
・子どもの人権110番(無料)
0120・007・110
・全国webカウンセリング協議会(相談は無料)
03・6865・1911。ネット(http://www.web-mind.jp/別ウインドウで開きます)でも受け付け
posted by ichi3 at 01:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

2016年06月22日のつぶやき


posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

2016年06月21日のつぶやき


posted by ichi3 at 09:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

2016年06月20日のつぶやき




posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

2016年06月19日のつぶやき




posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

2016年06月18日のつぶやき




posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

2016年06月17日のつぶやき










posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

2016年06月16日のつぶやき




posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

2016年06月15日のつぶやき




posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

JTB顧客情報大量流出の無責任

JTBが管理していた顧客の個人情報が792万人分外部に流出した事件が発覚しました。流出した個人情報は、氏名、性別、生年月日、メールアドレス、住所、郵便番号、電話番号、パスポート番号、パスポート取得日などの個人情報とされます。情報流出の原因は偽装して送られた添付ファイルを開いたためとされます。毎日新聞は『感染は3月19日に社内のサーバーが海外と不審な通信をしているのが判明し、発覚した。だが、ネットワーク内の全てのサーバーやパソコンを、その不審な通信先とやり取りできないよう完全に遮断する措置が完了したのは同25日。
 対策に時間を要したことについて、会見に同席したJTBの金子和彦経営企画部長は「改善すべき点があったかもしれない」と、後手に回った可能性を認めた
』と報じています(リンク記事に過去の主要個人情報漏洩一覧がある)。JTBの態度は情報管理者として無責任そのもので、個人情報を扱う資格はありません。類似の事件は企業や役所で続発しており歯止めがかかりません。マイナンバー制度も危険そのものであるといえます。

JTB 不正アクセス、793万人分流出か 旅券番号など
毎日新聞2016年6月15日
大手旅行会社のJTBは14日、海外からの不正アクセスによって、最大で約793万人分の個人情報が流出した可能性があると発表した。取引先を装ったメールの添付ファイルを開き、ウイルスに感染したのが原因。JTBは警視庁に被害を相談し、警視庁は不正指令電磁的記録(ウイルス)供用や不正アクセス禁止法違反などの容疑も視野に調べている。
 流出した恐れがあるのは「JTBホームページ」「るるぶトラベル」などのオンラインを利用して、2007年9月28日から16年3月21日に予約した顧客の個人情報。項目は(1)氏名(2)性別(3)生年月日(4)メールアドレス(5)住所(6)郵便番号(7)電話番号(8)パスポート番号(9)パスポート取得日。パスポート番号のうち約4300件は現在も有効という。
提携するNTTドコモの旅行サービス「dトラベル」を利用した33万人分の情報も含まれている可能性がある。クレジットカード番号、銀行口座情報、旅行の予約内容は含まれていないという。現時点で個人情報が悪用された被害は報告されていないとしている。
 JTBによると、旅行商品をインターネットで販売する子会社「アイドットJTB」のサーバーに今年3月、取引先の航空会社を装って航空券購入を確認するメールが送りつけられた。オペレーターが通常の業務と判断して添付ファイルを開封したところパソコン6台とサーバー2台がウイルスに感染し、海外への不審な通信が確認された。
 特定の企業の情報を盗むため、取引先を装うメールは「標的型メール」と呼ばれる。3月に不正アクセスされ、公表が6月になったことについて、JTBは「顧客が特定できた段階で公表する方針を取った」と説明している。
 JTBの高橋広行社長は東京都内で記者会見し、「お客様の大事な個人情報を預かる立場として深刻に受け止めている。被害があった場合はしかるべき対応をしたい」と陳謝した。JTBは顧客が登録したメールアドレス宛てに連絡する一方、電話による相談窓口を開設した。問い合わせは専用のフリーダイヤル0120・589272。
 企業の個人情報をめぐっては、通信教育大手のベネッセホールディングスで14年に約3500万件の流出が判明。15年には日本年金機構に標的型メールが送られ、基礎年金番号や氏名など101万人の個人情報が流出した。【川口雅浩】


JTB情報流出 巧妙「標的型メール」 被害防げず 3月19日に判明
毎日新聞 6月15日
http://mainichi.jp/articles/20160615/ddm/041/040/098000c
旅行業界最大手で約793万人分の情報が流出した恐れが発覚した。流出の可能性がある情報には個人のパスポート番号なども含まれており、客からは不安の声が漏れる。「標的型メール攻撃」と呼ばれる今回の手口は、これまで多くの企業や団体が被害に遭っているが、解決に至らないケースも多く、事件の捜査は難航する可能性がある。
 「お客様や関係者にご迷惑、ご心配をおかけし、おわびします」
14日夕、国土交通省で行われたJTBの記者会見。高橋広行社長は冒頭、深々と頭を下げた。その上で、7月にITセキュリティー対策の部門を新たに設置することを明らかにした。
 今回のウイルスは、連絡を取り合う航空会社の担当者を装ったメールの添付ファイルに仕込まれていた。メールアドレスには、日本人のありふれた名字がアルファベットで表記され、メールの表題も顧客の旅行内容の確認を装うなど、巧妙に業務関連のメールに偽装されていたという。
 JTBによると、不正アクセスを受けた子会社のアイドットJTBでは、知らない人物からのメールは開かないようにしているほか、定期的に標的型メール攻撃に使われるものに似た疑似メールを送るなどの訓練を行っていたが、被害は防げなかった。
 感染は3月19日に社内のサーバーが海外と不審な通信をしているのが判明し、発覚した。だが、ネットワーク内の全てのサーバーやパソコンを、その不審な通信先とやり取りできないよう完全に遮断する措置が完了したのは同25日。
 対策に時間を要したことについて、会見に同席したJTBの金子和彦経営企画部長は「改善すべき点があったかもしれない」と、後手に回った可能性を認めた。【曽田拓】
周到な攻撃、捜査難しく
 JTBへのサイバー攻撃に使われた「標的型メール」は2015年に全国の警察で3828件が確認された。13年492件、14年1723件と急増し、警察当局も警戒を強めているが、情報流出後の捜査は難航することが多い。
 警察庁によると、15年に確認された同型メールのうち、送信元のアドレスを偽装した疑いがあるものは77%。添付ファイルを開くと、自動的に不正プログラムがダウンロードされる仕組みだった。ウイルス感染してもコンピューターの画面に変化はなく、被害に気付かないケースもあるという。また、同型メールの送信先を調べると、非公開のアドレスが89%を占め、攻撃者が対象の組織や職員を周到に調べた上で送りつけているとみられる。
 15年、日本年金機構から基礎年金番号を含む約125万件の個人情報が流出した事件でも同型メールが用いられた。警視庁が捜査を続けるが、一部のサーバーで通信履歴が消去された痕跡があることなどから容疑者を特定できていない。

 今回、JTBは5月30日に警視庁に相談。だが、「情報流出を断定できる通信履歴が残っておらず、まだ被害が特定できていない」との理由で被害届は出していない。ある捜査関係者は「攻撃者の特定には外国の捜査当局の協力も必要だが、手続きに時間がかかる上、協力を得られないケースも多く、捜査は簡単ではない」とみている。【斎川瞳、川上晃弘】

客ら困惑「対策厳重に」

 この日、JTBの店舗を訪れた客らは不安げな表情を見せた。

 夏休みの家族旅行の下調べのため、東京都千代田区の店舗を訪れていた千葉市中央区の会社員、宇山剛さん(42)は「妻からの連絡で情報流出を知った。オンライン予約をしたことがあるので……」と困惑した様子。「ネット予約は便利だし、JTBは大手で対策もしっかりしていると思っていたのに。企業は顧客情報を守る対策を厳重にしてもらいたい」と注文した。

 東京都北区の会社員、佐藤恵里子さん(49)は「旅行の予約に限らず、ネットで買い物をすると、いつどこで個人情報が漏れるか分からないので気を付けている。海外旅行を予約した時もパスポート番号は直接口頭で伝えた。自衛するしかないと思う」と話した。【福島祥、細川貴代】


JTB、最大793万人分の情報流出か 不正アクセスで
朝日新聞 2016年6月14日
旅行大手のJTBは14日、旅行・宿泊予約サイトを運営する子会社「i.JTB(アイドットジェイティービー)」のサーバーに不正アクセスがあり、最大で約793万人分の個人情報が流出した可能性がある、と発表した。個人情報には電話番号やパスポート番号が含まれる。警視庁は不正アクセス禁止法違反などの疑いもあるとみて調べる方針。
 JTBによると、流出の恐れがあるのは、2007年9月〜16年3月に「JTBホームページ」「るるぶトラベル」「JAPANiCAN」の各サイトや、NTTドコモの「dトラベル」などの提携サイトで、JTB商品を予約した顧客の情報。氏名、性別、生年月日、電子メールアドレス、住所、郵便番号、電話番号、パスポートの番号と取得日が含まれていた。ただ、パスポートの情報のうち、現在も有効なのは約4300人分だという。予約した旅行の内容やクレジットカードの情報はなかったという。
 今年3月にi.JTBの社員が、取引先の航空会社を装ったメールの添付ファイルを開いてパソコンがウイルスに感染。ほかにパソコン5台とサーバー2台に感染が広がった。一部のサーバーに海外から不審なアクセスが来るようになったため遮断し、社内のネットワークを調査。別のサーバー内で、外部からの侵入者によりデータファイルが作成され、その後に削除されていたことが分かり、5月13日にそのファイルに約793万人分の顧客情報が含まれていたことが判明したという。
 高橋広行社長は記者会見で「ご迷惑、ご心配をおかけした」と謝罪した。
 JTBは、いまのところ悪用の報告はなく「流出の事実は確認されていない」(金子和彦取締役)とする一方で、データファイルからの通信記録がきちんと残っていないことも明らかにした。流出被害の可能性がある約793万人への補償は「流出の事実が出た場合に対応する」(金子取締役)としている。民間調査会社の東京商工リサーチによると、個人情報の流出では、可能性も含めると、ベネッセホールディングス、ヤフーに次いで過去3番目の規模だという。
 JTBへの問い合わせは専用フリーダイヤル0120・589・272(午前9時〜午後8時半)。

posted by ichi3 at 23:36| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日のつぶやき




posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

2016年06月13日のつぶやき








posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

日本株式市場が大幅安に陥る

6月13日の日本株式市場は日経平均が582円安(-3.51%)と大幅安となりました。その理由として朝日新聞は『英国の欧州連合(EU)離脱懸念や円高進展』をあげています。アジア、ヨーロッパの市場とも軒並み下げています。

各国の株式市場の現状は 
http://www.w-index.com/
アメリカ株式市場のリアルタイムサイトは 
http://www.marketwatch.com/investing/index/djia
今日の世界株価指数は 
http://nikkei225jp.com/

日経平均、終値582円安 円高受け2カ月ぶりの安値
朝日新聞 2016年6月13日
 13日の東京株式市場は、英国の欧州連合(EU)離脱懸念や円高進展で全面安となり、日経平均株価の終値は、前週末より582円18銭(3・51%)安い1万6019円18銭だった。約2カ月ぶりの安値水準。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)の終値は、同46・18ポイント(3・47%)低い1284・54。出来高は18億7千万株。

 英国のEU離脱懸念で前週末の欧米株価が下落した流れを引き継いだ。東京外国為替市場の円相場が1ドル=105円台の円高水準となり、輸出企業の業績悪化への懸念が強まった。「EU離脱を巡る英国での国民投票の23日の結果判明までは荒い値動きが続く」(大手証券)との見方が多い。
タグ:同時株安
posted by ichi3 at 22:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日のつぶやき


posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

2016年06月11日のつぶやき


posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

2016年06月10日のつぶやき


posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

2016年06月09日のつぶやき




posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

2016年06月08日のつぶやき








posted by ichi3 at 09:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

2016年06月07日のつぶやき












posted by ichi3 at 09:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

2016年06月06日のつぶやき






posted by ichi3 at 09:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

2016年06月05日のつぶやき




posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

2016年06月04日のつぶやき




posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

2016年06月03日のつぶやき




posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

2016年06月02日のつぶやき


posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

2016年06月01日のつぶやき




posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

健康保険証流出のずさん

2015年12月に発覚した保険証の個人情報大規模流出事件は、『36都府県の1万8470人分の番号が現在も使用されていることが、1日までの厚生労働省の調査で判明した。成り済ましや詐欺に悪用される恐れがあるため、厚労省は、該当者に通知した上で要望があれば番号変更を認める』(日経新聞2016年6月1日)と報じられました。また同記事で厚生労働省は『流出元は医療機関の可能性が高いとしているが、特定できないまま調査を終えた』としています。
情報流出は報道機関により明るみに出たとされ、被害の有無も解明されないまま責任の当事者である厚生労働省は「調査終了」としています。健康保険証はマイナンバーとの連携が将来想定されいます。これではマイナンバー制度も併せて信頼できません。

保険証番号流出、1万8470人分が現存 該当者に通知へ
日経新聞 2016/6/1
 健康保険証の番号など約10万人分の個人情報のリストが流出した問題で、このうち36都府県の1万8470人分の番号が現在も使用されていることが、1日までの厚生労働省の調査で判明した。成り済ましや詐欺に悪用される恐れがあるため、厚労省は、該当者に通知した上で要望があれば番号変更を認める。これほど大規模な番号変更は異例。

 流出元は医療機関の可能性が高いとしているが、特定できないまま調査を終えた。番号が現在も使われている人が最多の都府県は大阪の7915人で、奈良4122人、滋賀3482人が続き、近畿地方に集中した。

 厚労省は5月31日付で都道府県などに対し、医療機関に個人情報の適切な取り扱いを徹底し、指導、監督するよう求める通知を出した。

 問題は昨年末、報道によって表面化。同省が流出リスト約10万3千人分を入手し調査していた。

 厚労省はリストにあった「保険者番号」から、加入先の自治体や健康保険組合など「保険者」を特定。約千の保険者に調査を依頼した。約8万5千人分の保険証番号は、転職や退職などを機に保険者が変わるなどし、現存していなかった。

 一方、流出経路については、リストに載った人たちの2007〜09年のレセプト計約17万件を分析。該当する医療機関数は約1万に上ったが、特定の病院や薬局だけを利用していた状況はなく、流出元は分からなかったと結論付けた。〔共同〕


情報流出の保険証、1.8万人が今も使用 番号変更通知
朝日新聞 2016年6月1日
 健康保険証の番号や氏名、住所などの個人情報約10万3千人分の名簿が流出した問題で、そのうち約1万8千人分の番号は現在も使われていることが厚生労働省の調査でわかった。厚労省は5月31日付で、健康保険組合などの運営主体に対し、該当者に通知したうえで希望があれば番号変更に応じるように求める文書を出した。

 流出したのは2007年度以前のデータとみられる。昨年12月下旬に発覚し、厚労省が調査を進めてきた。現在も番号が使われていた約1万8千人の住所は36都府県にわたる。情報の悪用による被害は確認できなかったという。

 流出した情報には、健保組合などの運営主体が把握していないことが多い個人の住所や電話番号も含まれているため、病院や薬局から流出した可能性が高いとみられていた。厚労省は該当者が受診した医療機関などを調べたが、1万カ所以上に分散しており、流出元を確認できなかったとしている。

 厚労省は同日付で都道府県などに対し、医療機関に個人情報の適切な取り扱いを徹底するように求める文書を出した。(生田大介)


健康保険証情報、10万人分以上流出か 厚労省調査開始
朝日新聞 2015年12月30日
 健康保険証の番号や氏名、住所といった個人情報約10万3千人分が流出した恐れがあるとして、厚生労働省が調査を始めた。厚労省は情報の悪用による被害は確認していないという。ただ、流出情報で保険証を再発行できる場合もあり、本人に成りすまして身分証明書として借金などに使われる可能性があるとする。

 厚労省は、流出したとみられる情報が記載された名簿を入手した。そこには保険証番号のほか氏名、性別、住所、生年月日、電話番号などが書かれていた。住所は沖縄県を除く46都道府県に及ぶ。大阪府の約3万7千人が最も多く、奈良県が約2万5千人、滋賀県が約2万4千人で続いた。

 流出した情報の対象者は2005年3月以前に生まれた人で、08年4月に始まった後期高齢者医療制度の加入者はいなかった。保険証は、企業ごとにつくる健康保険組合のものや自治体が運営する国民健康保険のものが複数あり、運営主体が把握していない個人の電話番号も流出。そのため厚労省は、08年4月より前に病院や薬局が業務で作った患者のリストが流出した可能性が高いとみている。

 名簿が業者によって転売されていた可能性もあるとみて、被害の実態把握を進めるとともに流出経路の特定を急ぐ。情報を悪用される可能性があることについて、厚労省の担当者は「健康保険の運営主体には常々、別の証明書による本人確認を徹底して、安易に保険証を再発行しないよう指導している」という。

 来年1月から運用されるマイナンバーの制度では、将来的に希望者が作成できる「個人番号カード」に保険証の機能を持たせることが検討されている。(小泉浩樹)
posted by ichi3 at 22:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月31日のつぶやき


posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする