2016年09月30日

2016年09月29日のつぶやき








posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

「さんふらわあ だいせつ」が航行中に火災 11(火災原因はトラックの配線ショート)

火災の原因はトラックの冷凍機配線のショートと運輸安全委員会が発表しまた。さらに、カセットこんろ用の小型ガスボンベ約1050本の危険物が申告なしで搭載されており、火災の炎上を強めた可能性があります。

トラック配線にショート痕
フェリー火災で運輸安全委
47NEWS 2016年9月29日
http://this.kiji.is/154051594687791111
北海道・苫小牧沖で昨年7月に起きたフェリー「さんふらわあだいせつ」(1万1401トン)の火災で、運輸安全委員会は29日、出火元とみられるトラックが搭載していた冷凍機の配線にショートした痕跡があったとする経過報告書を公表した。出火当時、冷凍機は船から給電を受けていた。

 トラックがあった場所の一つ上の階層には、カセットこんろ用の小型ガスボンベ約1050本が積まれており、多数が破裂していた。危険物は事前申告が必要だが、荷主は運航会社に「雑貨」と申告しており、法令違反の可能性もあるという。火災が拡大した要因にもなったとみられ、安全委は経緯を調べる。
タグ:船舶事故
posted by ichi3 at 11:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日のつぶやき




posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

2016年09月27日のつぶやき




posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

2016年09月26日のつぶやき




posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

2016年09月25日のつぶやき






posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

2016年09月24日のつぶやき








posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

2016年09月23日のつぶやき




posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

2016年09月22日のつぶやき




posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

2016年09月21日のつぶやき


posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

2016年09月20日のつぶやき


posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

2016年09月19日のつぶやき


posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

2016年09月18日のつぶやき




posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

2016年09月17日のつぶやき




posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

2016年09月16日のつぶやき












posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

2016年09月15日のつぶやき










posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

2016年09月14日のつぶやき








posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

2016年09月13日のつぶやき




posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

2016年09月12日のつぶやき








posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

ダイヤモンドプリンセス名古屋港深夜に出港

dp_nago1.JPGdp_nago2.JPGdp_nago3.JPGdp_nago4.JPGdp_nago5.JPGdp_nago6.JPG

ダイヤモンド・プリンセス(Diamond Princess)、が名古屋港出港する映像を名古屋海上交通センターのライブカメラで撮影しました。
深夜0時過ぎの出港でした。
http://kinjo-scam.n-vts.jp/viewer/live/ja/live.html
タグ:船舶
posted by ichi3 at 14:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日のつぶやき












posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

2016年09月10日のつぶやき










posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

2016年09月09日のつぶやき




posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

2016年09月08日のつぶやき






posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

2016年09月07日のつぶやき




posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

2016年09月06日のつぶやき


posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

2016年09月05日のつぶやき








posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

2016年09月04日のつぶやき


posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

2016年09月03日のつぶやき










posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

クリスタル・セレニティが北極海を初航行中2(氷海航行の映像)

クルーズ船北極海航海の続報を朝日新聞が掲載しました。氷塊を航行する写真と随伴する英国の極地用補給船もう写っています。
1070名の乗客が楽しんでいるようですが、それにしても本航海の値段が『1人最低2万2千ドル(約220万円)』とは超高価です。アジアでは最近格安クルーズ船が多く投入されていますが、クルーズの世界も「超高価と格安」の格差拡大が進行中です。
クリスタル・セレニティCrystal Serenity のブリッジカメラ
http://www.crystalcruises.com/cruises/cruise-guidebook/our-ships/crystal-serenity/live-views

Gcaptainは『World’s most dangerous cruise?』と報じていましたが現在のところ無事に航海を続けています。

大型客船、北極海を悠々 初のツアー、2万2千ドルから
朝日新聞 2016年9月3日
http://digital.asahi.com/articles/ASJ9333CTJ93ULBJ001.html?iref=comtop_photo
米旅客船会社クリスタル・クルーズ(本社・ロサンゼルス)の大型客船クリスタル・セレニティ号(6万8870トン)が、北極圏を通過して太平洋から大西洋に抜ける「北西航路」のツアーを航海中だ。流氷の間を進む客船の写真などを同社が公表した。
 地球温暖化の影響で北極海の氷が減り、夏場は通常の船舶でも航行できるようになった。大型客船の航行は史上初という。
 8月16日にアラスカ州スワードを出港。米大陸北岸に沿って太平洋から大西洋に抜け、グリーンランドに向かう。その後、北大西洋を南下して9月16日にニューヨークに到着する。
 同社によると、乗客約1千人、乗員約660人が搭乗。費用は1人最低2万2千ドル(約220万円)で、上級客室は12万ドル。氷河に覆われた景色を楽しみながら、ホッキョクグマなど野生動物を観察したり、少数民族の集落を訪問したりできるという。
 北西航路は、20世紀初頭にノルウェーの探検家アムンセンが初めて航海に成功。かつては夏場でも航行は難しかったが、最近は温暖化の影響で海氷が少なくなり、新たな航海ルートとして注目されている。
 同社は3年以上前から計画や準備を始め、ルートの安全を期すため北極圏を警備する米国やカナダ当局とも協議。万一の事態に備えて、ヘリコプター2機を搭載した英国の極地用補給船が護衛する。
 同社幹部は声明で「究極の安全性とすばらしい経験を保証する」としている。ただ、環境保護団体などには、貴重な環境や生態系への悪影響を懸念する声もある。(ワシントン=小林哲)


World’s most dangerous cruise? 1,070-Passenger Ship To Enter Northwest Passage

Gcaptain 2016年8月16日
http://gcaptain.com/worlds-most-dangerous-cruise-1070-passenger-ship-to-enter-northwest-passage/
by Ethan Lou (Reuters) The first commercial cruise ship to sail through Canada’s Northwest Passage was set to depart on Tuesday, part of a growing Arctic tourism industry spurred by rising temperatures and receding ice.
The ship Crystal Serenity was to depart from Anchorage, Alaska, and cut through frigid northern waters before reaching New York in one month, according to a schedule from its American operator, Crystal Cruises.
The route was first navigated more than a century ago by Norwegian explorer Roald Amundsen, but has been ice-free only in recent years. The journey raises questions about further human degradation of a region disproportionably affected by climate change, where temperatures are rising twice as quickly as the world average.
Related Book: In the Kingdom of Ice - The Grand and Terrible Polar Voyage of the USS Jeannette by Hampton Sides
Related Book: In the Kingdom of Ice ? The Grand and Terrible Polar Voyage of the USS Jeannette by Hampton Sides
The World Wildlife Foundation recognizes that Crystal Cruises has been planning this voyage for years and tried to minimize its environmental impact, but the area lacks the infrastructure to deal with potential accidents, said Andrew Dumbrille, a foundation specialist in sustainable shipping.
Crystal Serenity likely will not cause problems, but more cruises will follow, said Michael Byers, a professor at the University of British Columbia who studies Arctic sovereignty and the environment.
Byers said ships, which can traverse the waters only because of melting ice, have large carbon footprints, and an accident would be devastating for the fragile Arctic.
“They take advantage of climate change, and they cause even more climate change,” Byers said. “That is an enormous problem and also a terrible irony.”
Crystal Cruises did not respond to requests for comment.
The cruise was priced at a minimum of $19,755 per passenger, which is more than $600 per day higher than last year’s average daily cruise price of $168.43, according to the industry analytics firm Cruise Market Watch.
Crystal Cruises has said the trip is sold out and that it is planning another cruise in 2017.
The Arctic has been warming quickly because a thaw of white ice and snow exposes darker ground and water below that absorb more of the sun’s heat.
Tourism has grown in some polar areas. The number of nights spent by visitors to the Arctic archipelago of Svalbard north of Norway rose to 107,000 in 2013 from 24,000 in 1993.
While Canada claims sovereignty over the Northwest Passage that flows through parts of the country, the United States and the European Union have disputed that, calling the waters an international strait.
Reporting by Ethan Lou in Toronto; Editing by Dan Grebler. c 2016 Thomson Reuters. All rights reserved.
タグ:船舶
posted by ichi3 at 11:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日のつぶやき


















posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスタル・セレニティが北極海を初航行中

cs090216_1.JPGcs090216_2.JPGcs090216_3.JPGcs090216_4.JPG

クリスタル・セレニティCrystal Serenity が大型客船として初めて北極海を航行中、という記事が朝日新聞に掲載されました。
アラスカからニューヨークに向けカナダの北部を太平洋から大西洋に1月かけて航行中とあります。
ブリッジカメラによる9月2日の映像を掲載します。
地点はpond inlet nunavut Canada
http://www.crystalcruises.com/cruises/cruise-guidebook/our-ships/crystal-serenity/live-views

北極海にクルーズ大型客船、史上初 温暖化で可能に
朝日新聞 2016年9月2日
http://digital.asahi.com/articles/ASJ9236MLJ92ULBJ001.html
米旅客船会社の大型客船が、北極圏を通過して太平洋から大西洋に抜けるツアーを航海中だ。乗客約1千人を乗せ、米アラスカ州から出発し、約1カ月でニューヨークを目指している。地球温暖化の影響で北極海の氷が減り、夏場は通常の船舶でも航行できるようになったためで、大型客船の航行は史上初という。
 米クリスタル・クルーズ社(本社・ロサンゼルス)の所有するクリスタル・セレニティ号(6万8870トン)。8月16日にアラスカ州スワードを出港し、米大陸北岸に沿って太平洋から大西洋に抜ける「北西航路」を通過する。9月1日現在、カナダ北方の北極諸島からグリーンランドに向かっている。その後、北大西洋を南下して16日にニューヨークに到着する。
 クリスタル・クルーズ社によると、乗客約1千人、乗員約660人が搭乗。費用は1人最低2万2千ドル(約220万円)で、上級客室は12万ドル。氷河に覆われた景色を楽しみながら、ホッキョクグマなど野生動物を観察したり、少数民族の集落を訪問したりできるという。
 北西航路は、20世紀初頭にノルウェーの探検家アムンセンが初めて航海に成功。かつては夏場でも航行は難しかったが、最近は温暖化の影響で海氷が少なくなり、新たな航海ルートとして注目されている。
 同社は3年以上前から計画や準備を始め、ルートの安全を期すため北極圏を警備する米国やカナダ当局とも協議。万一の事態に備えて、ヘリコプター2機を搭載した英国の極地用補給船が護衛する。
 同社幹部は声明で「究極の安全性とすばらしい経験を保証する」としている。ただ、環境保護団体などには、貴重な環境や生態系への悪影響を懸念する声もある。(ワシントン=小林哲)


タグ:船舶
posted by ichi3 at 00:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

2016年09月01日のつぶやき










posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

2016年08月31日のつぶやき








posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする