2018年03月24日

フェイスブック個人情報不正流出 1 (米大統領選挙に利用か)

フェイスブックのデータ5000万人が、心理学者の不正行為を経てイギリスのデータ分析企業ケンブリッジ・アナリティカに流出し、トランプ氏が誕生したアメリカ大統領選挙に利用された可能性が発覚しました。ビッグデータが政治利用された重大事件となりそうです。

米大統領選で不正利用か FBから5000万人分情報流出
東京新聞 2018年3月23日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201803/CK2018032302000118.html
 【ワシントン=白石亘】米交流サイトのフェイスブック(FB)が大量の個人データの流出に揺れている。五千万人分もの情報が不正に第三者に渡ったことが発覚。二〇一六年の米大統領選でトランプ陣営の選挙運動に使われた可能性もある。米当局が調査に着手し、集団訴訟を起こされる事態にもなっている。

 米紙ニューヨーク・タイムズなどによると、FBは英ケンブリッジ大の心理学者と学術目的で、ユーザー情報を提供する契約を結んだ。心理学者はユーザーの性格などを分析するアプリを開発し、個人情報の提供に同意した二十七万人がアプリをダウンロードした。

 その後、心理学者はFBの許可を得ず、提携関係にあった英国のデータ分析企業ケンブリッジ・アナリティカ(CA)に情報を流した。ユーザー本人だけでなく、FB上の「友人」を含め五千万人を超える情報が流出したとみられる。

 CAはデータに基づく選挙戦略の立案を手掛け、トランプ政権の首席戦略官だったバノン氏が副社長を務めていた。CAは大統領選でトランプ陣営の選挙運動を支援し、不正に取得した個人情報が使われた可能性が指摘されている。

 米連邦取引委員会(FTC)はFBの調査に着手しており、FBは巨額の罰金を科される可能性もある。ロイター通信によると、個人情報が不正に使われたとして、FBとCAを相手に集団訴訟が二十日、米カリフォルニア州サンノゼ連邦地裁に起こされている。

 米上院商業科学運輸委員会もFBに質問状を送付。ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)に議会証言を求める意向だ。ザッカーバーグ氏は二十一日、「ユーザーのデータを守る責任がある。私たちは間違いを犯した」と対応の不備を認め、対策を講じる方針を発表した。


「本当に申し訳ない」 フェイスブックCEOが謝罪、利用者データ流出
CNNJP 2018年3月22日
https://www.cnn.co.jp/tech/35116495.html?tag=mcol;relStories
ニューヨーク(CNNMoney) 米フェイスブックのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は21日、利用者の個人情報が英データ分析企業に流出した問題をめぐり、謝罪し、データ保護や利用者との信頼関係の回復に向けた措置を取ると言明した。ザッカーバーグ氏はCNNの単独インタビューに応じ、「このようなことが起きて、本当に申し訳なく思う」と述べた。

データ流出問題をめぐる報道が出て以降、ザッカーバーグ氏がこの件に公に言及するのは初めて。

ザッカーバーグ氏はフェイスブックへの投稿で、「我々には皆さんのデータを守る責任がある。もしそれができなければ、我々にはサービスを提供する資格がない」と言及。事実関係の把握と再発防止に努めていると述べた。

この件の報道が出たのは先の週末。トランプ米大統領の選挙陣営とつながりがあったデータ企業「ケンブリッジ・アナリティカ」が、フェイスブックの利用者およそ5000万人の個人情報を通知なく入手していたことが伝えられた。

フェイスブックによれば、データは最初、大学教授が学術目的で同社の規則にのっとって収集した。この情報が同社の規約に違反する形で、ケンブリッジ・アナリティカを含む第三者に渡っていたという。

問題拡大を受けてフェイスブックの株価は今週下落し、時価総額で500億ドル近く(約5兆2000億円)近くを失った。また、米英両国の政治家がザッカーバーグ氏の議会証言を求める事態にも発展していた。

ザッカーバーグ氏は21日夜、CNNの番組でデータ問題について謝罪。米連邦議会で証言する用意があると明らかにした。
posted by ichi3 at 13:56| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日のつぶやき




















posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイナンバー入力を外部業者に委託 5 (個人情報の管理は放置状態)

マイナンバーを含む個人情報の扱いをSAY企画で働いていた男性がTBSのインタビューで答えています。
それによると『「夜間に社員はいない。アルバイトだけでマイナンバーの作業をさせていること自体がびっくりした」(「SAY企画」で働いていた男性)
 年金情報が入った段ボールは施錠もされず、誰でも出入りできる場所に置かれていたといいます
』と話しています。
インタビューが事実だとすれば、日本年金機構は現場の実態を把握していながら契約を継続していた可能性があります。こうなると、他の公的機関でも類似なことが起こっている恐れがあり、もはやマイナンバー制度は直ちに廃止すべきです。

年金データ再委託問題、ずさんな実態を関係者が証言
TBSテレビ 2018年3月23日
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3324827.html
 年金情報の入力業務を委託された会社が中国の業者に再委託していた問題で、この会社で働いていた男性が個人情報のずさんな管理の実態を証言しました。
 「ずさんだなと。その辺に段ボールがいっぱい置いてあって、いつでも持っていけるっていうのはいいのと」(「SAY企画」で働いていた男性)
 こう話すのは、日本年金機構から個人情報の入力を委託された情報処理会社「SAY企画」で働いていた男性です。「SAY企画」は契約に違反し、一部の業務を中国の業者に再委託していたほか、およそ86万人分の入力ミスがあったことが明らかになっています。
 「夜間に社員はいない。アルバイトだけでマイナンバーの作業をさせていること自体がびっくりした」(「SAY企画」で働いていた男性)
 年金情報が入った段ボールは施錠もされず、誰でも出入りできる場所に置かれていたといいます。
 ある時、こんな騒動もあったといいます。
 「(段ボールが)4箱なくて、みんなで捜してくれと言われて、みんなで事務所中捜し回って、結局あったが、そういうことが起きていること自体が不安」(「SAY企画」で働いていた男性)
 年金機構は実態解明をすすめています。

posted by ichi3 at 00:51| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする