2018年03月27日

マイナンバー入力を外部業者に委託 6 (データ入力の現場状況)

年金機構がマイナンバーなど重要個人情報を託した企業の実体が、全く信頼がない組織であることがよくわかります。

年金データ問題、入力ミスや漏れ ずさんな実態
TBSテレビ 2018年3月26日
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3326757.html
 年金情報の入力業務を委託された会社がずさんなデータ入力を行っていた問題です。26日、日本年金機構がミスの全貌を明らかにしました。その驚きの実態とは・・・
 「ずさんと言ったらずさん」(データ入力業務の委託を受けていた 「SAY企画」で働いていた男性)
 こう証言するのは、年金機構がデータ入力業務を委託していた情報処理会社「SAY企画」で働いていた男性。SAY企画のデータ入力ミスや漏れはあわせて40万人を超え、およそ15万人の年金支給額に影響があったことが明らかとなりました。その実態について、SAY企画で働いていた男性は・・・
 「そのうちにちゃんとなるのかなと思っていたら、最後の最後までもっとひどい状況になった・・・」(「SAY企画」で働いていた男性)
 機構によりますと、契約で定められていたデータ入力の方式は2人1組でぞれぞれ手入力し、照合するというもの。しかし、SAY企画ではデータをスキャナーで読み取り、うまく読み取れない項目を手作業で修正していたのです。
 「社員がおらずアルバイトだけでスキャニングをしていた。申請日がずれているとか、誕生日がとんでもない、たとえば平成80年とか変なふうに入っていたり。それを全部チェックしていかないといけない」(「SAY企画」で働いていた男性)
 スキャナーによる読み取りではミスが多発。しかし肝心の手作業での修正は・・・
 「どこが読み取れていないかは、全部を見ないと分からない。(会社は)スピードを優先しろというときもあった、指示で。とにかく1枚にそんな時間をかけていられないので、ここ飛ばしていいです。ここは無視していいですと」(「SAY企画」で働いていた男性)
 納期に追われ修正が追いつかないまま誤ったデータ入力が続いていたといいます。こうした実態について、年金機構は「入力の手順まで十分に目視で確認していなかった」と釈明。来月、差額を支給したいとしています。

posted by ichi3 at 10:39| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日のつぶやき






posted by ichi3 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする