2019年05月16日

顔認証システムを規制(サンフランシスコ市議決)

顔認証システムの進化は著しく、町中や店舗での利用が見込まれています。しかし、プライバシーに対する脅威は甚大です。特に警察や治安と連携する場合は取り返しの聞かないリスクが発生します。
サンフランシスコ市議会は『警察などの公共機関が顔認証技術を使うことを禁じる条例案を賛成多数で可決した。市民の権利や自由を守るのが狙いで、米CBSテレビによると、この技術を禁じるのは米国の都市で初めて』と朝日新聞が報じました。その根拠として『顔認証技術が、市民の権利や自由を侵すおそれのほうが、その技術から得られる恩恵よりも大きい」と指摘しており、今後予定される市長の署名から30日後に発効する。監視カメラなど、他の監視技術への規制も強める』としています。
なお、『ただし、企業や連邦政府は禁止の対象外。米国の多くの空港では、連邦政府が安全対策として顔認証技術を導入しており、引き続き使われる』としており、特定の場所での顔認証利用は継続されるとしています。


警察の顔認証使用禁止へ サンフランシスコ「自由侵す」
朝日新聞 2019年5月15日
https://digital.asahi.com/articles/ASM5H54F3M5HUHBI02F.html?iref=comtop_8_05
 米サンフランシスコ市議会は14日、警察などの公共機関が顔認証技術を使うことを禁じる条例案を賛成多数で可決した。市民の権利や自由を守るのが狙いで、米CBSテレビによると、この技術を禁じるのは米国の都市で初めて。6月にも導入される見通しだ。

 条例は「顔認証技術が、市民の権利や自由を侵すおそれのほうが、その技術から得られる恩恵よりも大きい」と指摘しており、今後予定される市長の署名から30日後に発効する。監視カメラなど、他の監視技術への規制も強める。

 ただし、企業や連邦政府は禁止の対象外。米国の多くの空港では、連邦政府が安全対策として顔認証技術を導入しており、引き続き使われる。

 顔認証は、監視カメラなどで撮影した映像を、人工知能(AI)で認識して人物を特定し、防犯などに役立てる技術。AIは、より多くの画像データを学習することで認識率が上がるが、初期段階で蓄積している顔写真データが白人男性に偏っているとされ、「肌の色の濃い人や女性を判断する際には誤認が多く差別を助長する」という批判も根強い。

 サンフランシスコやその南部のシリコンバレー地域には、世界的なIT企業が集まっている。そうした地域の自治体が顔認証を禁止することは、ほかの地域にも影響を与えそうだ。

 米メディアによると、近郊のオークランド市や、マサチューセッツ州のサマービル市でも同様の条例の検討が進んでいるという。(サンフランシスコ=尾形聡彦)
ラベル:安全と安心
posted by ichi3 at 12:06| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日のつぶやき








posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする