2020年03月10日

米国でも新型コロナウイルスがクルーズ船を直撃 6 (ようやく接岸)

カリフォルニア沖で待機させられていたグランド・プリンセス号がようやくオークランド港に着岸しました。日経新聞によると『今月4日に集団感染の可能性が浮上し、予定を変更して出港地のサンフランシスコに戻り、沖合で待機して当局が対応を決めるのを待っていた』ので約6日海上で待機させられたことになります。
そして、『ペンス副大統領は同日の記者会見で、10日中にも約2400人の乗客全員の下船が完了するとの見通しを示した』とします。
一方、乗員は体調不良者は医療施設に搬送し、その他は本船にとどまるとされます。
乗客と乗員を分離して対応する方法は日本でのダイヤモンド・プリンセス号と異なります。
今後の対応と経過が重要です。


米客船「グランド・プリンセス」、10日にも全員下船へ
日経新聞 2020年3月10日
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56596860Q0A310C2000000/
【シリコンバレー=奥平和行】新型コロナウイルスの感染者が見つかった米大型クルーズ船「グランド・プリンセス」が9日正午(日本時間10日午前4時)すぎ、米カリフォルニア州北部のオークランド港に着岸した。ペンス副大統領は同日の記者会見で、10日中にも約2400人の乗客全員の下船が完了するとの見通しを示した。
グランド・プリンセスは9日午前、停泊していた米サンフランシスコ沖合から、ゴールデンゲートブリッジの下などを通ってオークランド港に向かった。地元テレビなどによると、同港では米当局が大型テントや仮設トイレなどを設置し、下船に備えた。
グランド・プリンセスは約700人の感染者を出した「ダイヤモンド・プリンセス」の姉妹船に当たる。今月4日に集団感染の可能性が浮上し、予定を変更して出港地のサンフランシスコに戻り、沖合で待機して当局が対応を決めるのを待っていた。

米当局は日本で長期間の洋上隔離が批判を浴びた経緯もあり、船内で感染が広がるのを防ぐためにも早期の着岸と下船が必要と判断したようだ。まず緊急治療や入院が必要な乗客をカリフォルニア州内の医療機関に収容する。一般の乗客には健康診断を受けることを求め、軍施設で2週間にわたって隔離、経過観察する。
カリフォルニアの住民は州内の施設に収容する一方、ほかの州に住む人はテキサス州やジョージア州の施設に運ぶ。外国人の乗客は近隣の空港からチャーター便などで帰国させる方針。3人の日本人乗客については、「米国側の方針や本人の意向を踏まえて調整中」(在サンフランシスコ日本総領事館)という。
同船は乗客を降ろした後、ポートランド以外の港に向かい、そこで約1100人の乗員を隔離して必要に応じて治療する予定だ。住民が感染を不安視することを想定して当局はポートランド港に長期滞在させない方針を決めてたが、地元議員などは懸念の声を上げている。
ラベル:感染症 船舶
posted by ichi3 at 11:28| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型コロナウイルスが株式市場を直撃 10(ダウでサーキットブレーカー発動)

世界同時株安はダウの大混乱に至る事態となりました。毎日新聞は『9日のニューヨーク株式市場も急落し、ダウ工業株30種平均が前週末終値比で一時2000ドル超下落。取引時間中としては過去最大の下げ幅となり、同市場では取引が一時停止されるなど世界の金融市場が大混乱に陥っている』と報じています。
また、『先週末の産油国の減産協議決裂を受けサウジアラビアが増産に転じると伝わったことで、ニューヨーク原油先物の8日の時間外取引(日本時間9日)で、指標となる米国産標準油種(WTI)の4月渡しが前週末終値の41・28ドルから一時1バレル=27ドル台まで値を下げ、16年2月以来約4年ぶりに30ドルを割り込んだことで、投資家のリスク回避姿勢が強まった』と、株価異変は原油価格と連動していると指摘しています。


サーキットブレーカー発動 NY株過去最大の下げ幅、一時2000ドル超急落
毎日新聞2020年3月10日
https://mainichi.jp/articles/20200310/k00/00m/020/007000c
 9日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に下落し、前週末比1050円99銭安の1万9698円76銭で取引を終えた。終値が2万円を割り込むのは2019年1月4日以来、約1年2カ月ぶり。9日のニューヨーク株式市場も急落し、ダウ工業株30種平均が前週末終値比で一時2000ドル超下落。取引時間中としては過去最大の下げ幅となり、同市場では取引が一時停止されるなど世界の金融市場が大混乱に陥っている。

 新型コロナウイルスの感染拡大による世界経済の減速懸念から9日の東京株式市場は取引開始直後から売り一色となり、日経平均は一時1200円以上下落した。終値の下げ幅は18年2月6日(1071円84銭)以来の大きさとなった。

 また、東京外国為替市場では、比較的安全な資産とされる円を買う動きが急ピッチで進行。16年11月以来、約3年4カ月ぶりに一時1ドル=101円台半ばをつけた。前週末午後5時時点に比べて4円以上の円高水準となり、輸出関連銘柄を中心に株売りに拍車をかけた。

 新型コロナウイルスの感染拡大で米ニューヨーク州が7日に非常事態宣言を出したほか、イタリア政府は8日、ミラノなど北部地域の広範囲で移動制限措置をとると発表。アジアだけでなく欧米でも企業活動などが停滞し、世界経済が失速するとの懸念が拡大した。さらに、先週末の産油国の減産協議決裂を受けサウジアラビアが増産に転じると伝わったことで、ニューヨーク原油先物の8日の時間外取引(日本時間9日)で、指標となる米国産標準油種(WTI)の4月渡しが前週末終値の41・28ドルから一時1バレル=27ドル台まで値を下げ、16年2月以来約4年ぶりに30ドルを割り込んだことで、投資家のリスク回避姿勢が強まった。

 日本時間9日夜に取引が始まったニューヨーク株式市場では、取引開始直後にダウ平均が1800ドル超下落し、2万4000ドルを割り込んだ。ニューヨーク証券取引所は株価急落を受け、取引を一時停止するサーキットブレーカーを発動。取引は15分間停止されたが、再開直後に下げ幅は2000ドルを超えた。

 9日のアジア市場でも軒並み株売りが進んだほか、同日の欧州市場でも株価が急落し、イタリアの主要株価指数は前週終値比で10%超下げた。【三上剛輝】


アップル株価
https://www.marketwatch.com/investing/stock/aapl

各国の株式市場の現状は 
http://www.w-index.com/

アメリカ株式市場のリアルタイムサイトは 
http://www.marketwatch.com/investing/index/djia

今日の世界株価指数は 
http://nikkei225jp.com
posted by ichi3 at 01:16| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月09日のつぶやき








































posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする