2020年03月12日

新型コロナウイルスが株式市場を直撃 11(パンデミックショック)

ダウ市場は前日比-5.86%(1464.94ドル)の暴落となり、それを受けた東京日経平均は前日より351円55銭安い1万9064円51銭で取引を開始しました。
ダウ市場暴落については『世界保健機関(WHO)が、ウイルスの感染拡大について世界的な大流行を意味する「パンデミック」と認定したと伝わると、さらに株安が加速した。世界の経済活動がさらに制限を受ける可能性があり、景気後退への懸念が深まった』(朝日新聞)、世界同時株安の恐怖感が増幅させる結果となっています。
トランプ大統領の対応『ウイルスの感染拡大による米経済への打撃を和らげるため、トランプ米政権は年末までの給与税免除などの経済対策を検討中だ。しかし、政権の説明は「期待したほどの具体性がない」と市場に受け止められ、党派対立が深まる米議会で協議がまとまるのかも疑問視されている』(朝日新聞)とされ、『欧州からの渡航を制限すると表明』(朝日新聞)により経済活動の混乱が広がる恐れがあります。


東証一時1千円超安 欧州→米国、渡航制限で懸念強まる
朝日新聞 2020年3月12日、
https://digital.asahi.com/articles/ASN3D32BMN3DULFA001.html?ref=tw_asahi
 新型コロナウイルスの感染の広がりを受け、12日の東京株式市場は日経平均株価が前日より351円55銭安い1万9064円51銭で取引を始めた。取引開始後から値を下げ、下げ幅は一時1000円を超え、1万9000円を割り込んだ。午前11時時点は、前日比で961円78銭安い1万8454円28銭。

 米トランプ大統領が欧州からの渡航を制限すると表明したことを受け、経済活動が抑えられるとの懸念から、下げ幅を一段と広げた。東京外国為替市場でも「安全資産」とされる円を買ってドルを売る動きが進み、一時1ドル=103円台をつけた。

 前日の米ニューヨーク市場はダウ工業株平均が大幅に下落し、前日に比べて1464ドル下落。1日での下げ幅は史上2番目の大きさだった。世界保健機関(WHO)が、ウイルスの感染拡大について世界的な大流行状態である「パンデミック」と認定したと発表し、経済への影響がさらに深まると懸念された。


東証、351円安で始まる 「パンデミック」認定で懸念
朝日新聞 2020年3月12日
https://digital.asahi.com/articles/ASN3D32BMN3DULFA001.html?iref=comtop_8_02
 新型コロナウイルスの感染の広がりを受け、12日の東京株式市場は日経平均株価が前日より351円55銭安い1万9064円51銭で取引を始めた。取引開始後から値を下げ、下げ幅は一時500円を超え、1万9000円を割り込んだ。世界保健機関(WHO)が、ウイルスの感染拡大について世界的な大流行状態である「パンデミック」と認定したと発表し、経済への影響がさらに深まると懸念された。

 前日の米ニューヨーク市場はダウ工業株平均が大幅に下落し、前日に比べて1464ドル下落。1日での下げ幅は史上2番目の大きさだった。


NY株、終値は1464ドル安 株安長期化の懸念強まる
朝日新聞 2020年3月12日
https://digital.asahi.com/articles/ASN3D20KYN3DUHBI003.html?iref=pc_rellink_01
 11日のニューヨーク株式市場は、新型コロナウイルスの感染拡大が世界的な景気後退につながりかねないとの警戒感から、主要企業でつくるダウ工業株平均が急反落した。終値は前日比1464・94ドル(5・86%)安い2万3553・22ドル。ダウ平均は2月につけた直近の高値から20%超下落する「弱気相場」に入り、株安長期化への懸念が強まっている。

 ダウ平均の1日での下げ幅は、9日(2013ドル)に次ぐ史上2番目の大きさ。取引時間中に1689ドル安まで下げ幅が拡大する場面があった。

 ウイルスの感染拡大による米経済への打撃を和らげるため、トランプ米政権は年末までの給与税免除などの経済対策を検討中だ。しかし、政権の説明は「期待したほどの具体性がない」と市場に受け止められ、党派対立が深まる米議会で協議がまとまるのかも疑問視されている。

 ダウ平均は前日、米経済対策への期待が先行して1167ドル高と急騰していただけに、11日は取引開始直後から失望売りが膨らんだ。

 加えて、世界保健機関(WHO)が、ウイルスの感染拡大について世界的な大流行を意味する「パンデミック」と認定したと伝わると、さらに株安が加速した。世界の経済活動がさらに制限を受ける可能性があり、景気後退への懸念が深まった。

 足元の米国内でも感染が確認された患者が急増し、1千人を超えた。音楽イベントや自動車ショーなどの大規模イベントも続々と中止・延期が決まっている。従業員を自宅勤務とする大企業も相次ぎ、米経済への影響が深刻さを増していることも投資家を不安にさせている。

 ダウ平均を構成する30銘柄すべてが値下がりする全面安となった。主力小型機機「737MAX」の連続墜落事故による打撃に加え、「コロナショック」の逆風が新たに吹き付ける航空機ボーイングは18%もの急落となり、相場を大きく引き下げた。

 ハイテク株が多いナスダック市場の総合指数も急落。前日比392・20ポイント(4・70%)低い7952・05で終えた。(ニューヨーク=江渕崇)



アップル株価
https://www.marketwatch.com/investing/stock/aapl

各国の株式市場の現状は 
http://www.w-index.com/

アメリカ株式市場のリアルタイムサイトは 
http://www.marketwatch.com/investing/index/djia

今日の世界株価指数は 
http://nikkei225jp.com
posted by ichi3 at 11:44| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日のつぶやき








posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする