2020年08月09日

日本の大型貨物船座礁し重大な環境破壊の恐れ 2(日本の救援行動は急務)

本船から流出した大量の重油が海岸に漂着し、『現地からの報道によると、海岸に黒褐色の重油が漂着している。近隣のレユニオン島を領有するフランスはモーリシャス政府の要請に応じ、除去チームや機材を派遣。マクロン大統領は8日、ツイッターで「生物多様性が危機にひんし、対策が急務だ」と表明』(共同)しています。
本船の船主である商船三井はもとより、日本政府の現地救援活動は急務です。

モーリシャス、重油の除去難航
海岸に大量漂着、生物危機に
共同 2020年8月9日
https://this.kiji.is/665100197479515233
 インド洋の世界的な観光地モーリシャス島沖で商船三井が運航する貨物船が座礁し燃料の重油が漏れ出した事故で、9日までに大量の重油が海岸に漂着した。モーリシャス政府は「環境緊急事態」を宣言してフランスや国連に支援を求め、住民も除去に乗り出したが難航。観光業への打撃だけでなく希少生物への影響も懸念されている。


 現地からの報道によると、海岸に黒褐色の重油が漂着している。近隣のレユニオン島を領有するフランスはモーリシャス政府の要請に応じ、除去チームや機材を派遣。マクロン大統領は8日、ツイッターで「生物多様性が危機にひんし、対策が急務だ」と表明した。
ラベル:船舶事故
posted by ichi3 at 17:10| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の大型貨物船座礁し重大な環境破壊の恐れ 1(モーリシャスで珊瑚礁に)

中国からブラジルへ向かっていた商船三井が傭船・運航している貨物船WAKASHIOがインド洋のモーリシャス沿岸で座礁しました。乗組員は全員救助されましたが、破損した船体から大量の流出中で深刻な海洋汚染となる恐れが報じられています。
AFPによると、本船は『2007年に建造され、総トン数10万1000トン、載貨重量トン数が20万3000トン、全長299.95メートル』の大型船で、『地元メディアは、座礁時に積載されていた貨物はなかったものの、ディーゼル燃料200トンとバンカー燃料3800トンを積んでいた』と報じています。
モーリシャス政府によると『何度か船の安定を試みたものの、海が荒れており全て失敗に終わっている。また流出した燃料をポンプでくみ上げる作業も奏功していないという。環境保全活動家らは、船体が分断されて燃料の漏出量が増える恐れがあり、モーリシャスの海岸に壊滅的な被害が及びかねないと不安視している』としています。
商船三井はHPで『当社は座礁事故発生後より社長をトップとする海難対策本部を立ち上げ、日本およびモーリシャスをはじめとする関係当局と連携して対応しています。また、現地への早期要員派遣を含め準備しています。当社は、引き続き船主や関係者と協力し、早期の事態解決に向けて全力で取り組みます』としています。
座礁した海域は『国際的に重要な湿地の保全を目的としたラムサール条約(Ramsar Convention)の指定地域に含まれているポワントデスニー(Pointe d'Esny)で、ブルーベイ(Blue Bay)海洋公園に近い』(AFP)ことから、今後の展開は国際的な注目も高くなっています。
衛星写真で珊瑚礁に燃料油が広範に拡散している様子が報じられています(AFP)。

モーリシャスはアジアとアフリカ南部を結ぶ船舶が使う航路に当たります。
航路図
https://www.marinetraffic.com/ja/ais/home/centerx:54.0/centery:-19.6/zoom:6


日本の貨物船が座礁し燃料漏出、環境災害の恐れ モーリシャス
AFP 2020年8月8日
https://www.afpbb.com/articles/-/3298127?cx_part=logly
インド洋の島国モーリシャスは6日、同国南東部沖で座礁した貨物船から、燃料が漏れ出していると発表した。環境活動家らは、周囲に大きな影響が出る恐れを危惧している。

 日本企業所有でパナマ船籍の「わかしお(MV Wakashio)」は先月25日に座礁。乗組員は安全に避難した。


 船舶関連の情報サイトによれば、わかしおは2007年に建造され、総トン数10万1000トン、載貨重量トン数が20万3000トン、全長299.95メートルだという。

 地元メディアは、座礁時に積載されていた貨物はなかったものの、ディーゼル燃料200トンとバンカー燃料3800トンを積んでいたと報じている。

 同船が座礁したのは、国際的に重要な湿地の保全を目的としたラムサール条約(Ramsar Convention)の指定地域に含まれているポワントデスニー(Pointe d'Esny)で、ブルーベイ(Blue Bay)海洋公園に近い。

 環境省によると、ポワントデスニーと同海洋公園に汚染防止装置が送られた。政府は近隣のフランス海外県レユニオン(La Reunion)に支援を依頼しているという。

 カビダス・ラマノ(Kavy Ramano)モーリシャス環境相は記者会見で「われわれは環境危機に直面している」と述べた。

 またスディーア・モドゥー(Sudheer Maudhoo)漁業相は「この種の大惨事に見舞われたのは初めてで、問題の対応に当たるには、われわれの装備は不十分だ」と認めた。

 両氏によると、何度か船の安定を試みたものの、海が荒れており全て失敗に終わっている。また流出した燃料をポンプでくみ上げる作業も奏功していないという。

 環境保全活動家らは、船体が分断されて燃料の漏出量が増える恐れがあり、モーリシャスの海岸に壊滅的な被害が及びかねないと不安視している。

 世界有数の美しいサンゴ礁を誇るモーリシャスは、食料面でも観光業でも海に大きく依存している。(c)AFP

空撮による動画(AFP 9日)
https://www.afpbb.com/articles/-/3298303


商船三井HP
当社運航船 座礁および油濁発生の件
2020年8月7日
https://www.mol.co.jp/pr/2020/20046.html
株式会社商船三井(代表取締役社長:池田潤一郎、本社:東京都港区、以下「当社」)が、OKIYO MARITIME社(長鋪汽船株式会社[代表取締役社長:長鋪慶明、本社:岡山県笠岡市]の関連会社、以下「船主」)から傭船し、運航しているばら積み貨物船WAKASHIO(読み方:わかしお、以下「本船」)は、中国からシンガポール経由でブラジル方面に向かう途中の日本時間7月26日(日)にモーリシャス島沖で座礁により船体が損傷し、救助作業中の8月6日(木)に燃料油が流出しました。これにより現場海域・地域に甚大な影響を及ぼしています。

当社は座礁事故発生後より社長をトップとする海難対策本部を立ち上げ、日本およびモーリシャスをはじめとする関係当局と連携して対応しています。また、現地への早期要員派遣を含め準備しています。当社は、引き続き船主や関係者と協力し、早期の事態解決に向けて全力で取り組みます。

【本船要目】

船種 :鉄鋼原料船ケープサイズバルカー

全長・全幅 :299.5メートル・50メートル

乗組員 :20名(インド人、スリランカ人、フィリピン人など)  

船籍 :パナマ

船主 :OKIYO MARITIME(長鋪汽船株式会社の関連会社)

竣工年 :2007年



ラベル:船舶事故
posted by ichi3 at 16:04| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月08日のつぶやき
















posted by ichi3 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする