2008年07月14日

「豊かな環境」と脳細胞 その2

環境刺激と脳細胞の関係について
@刺激の豊かな環境(回し車、トンネル、ハシゴなど)
   で飼育された遺伝的に同等のマウスは、わずか4−5日の
   実験で細胞数が約15%増加した。特に海馬の歯状回で
   の増加が認められた(ゲージ博士、ソーク研究所) 。
A スエーデンでの実験では57歳から72歳のケースで脳細
   胞の新生が認められたという。
B 老齢のマウスを、豊かな環境に移すことで、脳細胞が3倍
  に増えたケースもあるという。
立花隆氏の取材 文藝春秋2000 5月号 より
posted by ichi3 at 01:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック