2008年11月03日

ネットと「脳トレ」 その1

ネット検索は「脳トレ」になる?
ITメディアニュース
米大学の研究で、ネット検索は脳の機能を刺激し、向上させる可能性があることが示された。
2008年10月15日 10時05分 更新
 コンピュータに詳しい中高年者にとって、インターネット検索は脳の機能を向上させる効果があるかもしれない。米カリフォルニア大学ロサンゼルス校がこのような研究結果を発表した。
 同校の研究者によると、インターネット検索は、コンピュータをよく使う中高年者において、意思決定と複雑な推理をつかさどる脳の重要な中枢部分を始動させる。Web検索活動は脳の機能を刺激し、向上させる可能性があるという。
 研究チームは、神経に異常がない55〜76歳の被験者24人をWeb検索経験者と未経験者の2グループに分けた。被験者にWeb検索と読書をさせて、fMRI(機能的磁気共鳴画像法)で脳の活動を調べたところ、読書中はすべての被験者で言語処理、記憶、視覚にかかわる脳の部分の活動が見られた。
 Web検索では、2つのグループに大きな違いが見られた。すべての被験者に読書中と同様の脳の活動が見られたものの、Web検索経験者は意思決定と複雑な推理を処理する脳の部分も活動していた。Web検索経験者は、ほとんど経験がない被験者と比べて、脳の活動が2倍に増えていたという。Web検索中の検索経験者の脳の活動は2万1782ボクセル(ボクセルはfMRIで測定される脳の活動の最小単位)、未経験者は8646ボクセルだった。
 単純な読書と比べてインターネット検索は選択肢が多く、どれをクリックするかという意思決定が必要となり、それが脳の認知回路を働かせると研究者は述べている。「Web検索のようなシンプルな日常的な作業が、中高年者の脳の回路を強化するようだ。これはわれわれの脳が敏感であり、年を取っても学習を続けられるということを示している」
 また研究者は、検索未経験者も、もっとインターネットを使うようになれば、検索経験者と同じ脳の活動パターンが見られるようになるかもしれないとしている。
 この研究成果は次号の「American Journal of Geriatric Psychiatry」に掲載される。
こちら

コメント
「?」がついていますが、可能性はあると思います。
この種の実験は「対照群」の取り方が難しく、本人(実験参加者)の意欲や検索作業に対する動機付けなどの心理的要因が大きく影響すると思います。能動的な態度に伴うウェブ検索は、一種の記憶作業でもあるため、脳活動を活性化させる効果は充分考えられます。
posted by ichi3 at 00:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック