2009年12月28日

新型インフルエンザとリスクコミュニケーション その17(今期流行は転換点に?)

inf1209_1.JPGinf1209_2.JPG
12月に入り、日本では季節性インフルエンザの患者数が増加する時期ですが、新型インフルエンザの感染者数が減少に転じています(左図:地域データ、右図:学校データ。ともに国立感染症研究所)。

新型インフルエンザが大流行すると、その間旧型インフルエンザの患者が減少するという過去のデータもあります。いずれにしても、感染者数の推計曲線によると、新型インフルエンザの日本での今期流行は転換点にきている可能性があります。

以下は読売新聞の記事です。

新規受診患者数、ピークから半減…新型インフル
読売新聞 2009年12月28日
 国立感染症研究所は28日、全国約5000医療機関を対象にしたインフルエンザの定点調査で、最新の1週間(12月14〜20日)に新たに受診した患者数が1医療機関当たり22・44人で、3週連続で減少したと発表した。
 ほとんどが新型インフルエンザとみられ、前週(12月7〜13日)から4・95人減。ピークだった11月23〜29日の39・63人からは半数近くまで減少した。

posted by ichi3 at 16:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

国立感染症研究所 新型インフルエンザ 新型インフルエンザ
Excerpt: インフル患者、3週連続で減少 国立感染症研究所が発表 国立感染症研究所は28日、20日までの1週間に新たに医療機関を受診したインフルエンザ患者数は推計約107万人(前週約132万人)で、3週連続で減..
Weblog: 新型インフルエンザ 最新情報
Tracked: 2010-01-10 13:16

まだまだ
Excerpt: 大流行の新型インフルエンザ、最近はその話題も沈静化の感じがするのですが、実際はどうなのでしょうか? 『新型インフルエンザワクチン接種に関するアンケート』も徐々に関心の外に追いやられているような気がして..
Weblog: アンチエイジングのことなら 『いきいきナビ』
Tracked: 2010-01-17 14:24