2012年12月31日

QM2でノロウイルス集団感染(クルーズ船の新たなリスク)

クイーン・メリー2と、エメラルド・プリンセスでノロウイルスの集団感染事件が発生ました。船舶での集団食中毒は特に珍しいいものでは有りませんが、衛生管理を徹底してるはずのクルーズ客船での連続的発生は船旅の新たな事態と言えます。日本では病院での新型ノロウイルス流行が話題ですが、世界的レベルでの流行が起こっている可能性があります。
ディスカバリーチャネル(CS放送)で放映された「Inside Queen Mary 2」(英語版)では「厳重なノロウイルス対策」も紹介されているのですが・・・
https://www.youtube.com/watch?v=rMHN_psnosU&list=PL103CFC9C5A7F2414

エメラルド・プリンセスでも同様の事件が発生しておりクルーズ船の新たなリスクの一つです。
巨大クルーズ船では数千人が閉鎖的環境で長期間生活します。大西洋横断では1週間程度閉鎖的環境が持続するのですから、ノロウイルスの集団感染は新たなる深刻なリスクです。
米「abcNEWS」のビデオニュース(ユーチューブ)によれば今年になって集団発生したクルーズ船は16隻に上ると伝えています。


ノロウイルス:豪華客船で集団感染か…カリブ海
毎日新聞 2012年12月30日
 米疾病対策センター(CDC)は30日までに、カリブ海をクルーズ中だった豪華客船2隻で、英国人ら乗客乗員400人以上が下痢や吐き気などの症状を訴えたと発表した。センターはノロウイルスの集団感染の疑いがあるとみて、原因などを調べている。ロイター通信が伝えた。

 客船は世界最大級の英客船クイーン・メリー2と、エメラルド・プリンセス。クイーン・メリー2には乗客乗員約4千人が乗り、22日にニューヨークを出港した後、乗客194人と乗員11人に症状が出た。乗客の多くは英国人とみられ、カリブ海のセントルシアに寄港した。
 エメラルド・プリンセスでは乗客189人と乗員31人が症状を訴えた。(共同)
posted by ichi3 at 13:26| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東プリのレストランと「今半」ノロで営業停止
読売新聞 2013年1月4日
東京都は4日、東京プリンスホテル(港区)内のレストラン「ポルト」で昨年12月12、13日に食事をした男女76人が、ノロウイルスによる食中毒になったと発表した。
 いずれも下痢や吐き気などの症状を訴えたという。港区は、同店を今月4日から、3日間の営業停止処分にした。
 また、仕出し料理店「人形町今半フーズプラント」(江東区)が先月18日に販売した「折詰すき焼き弁当」を食べた男女35人もノロウイルスによる食中毒となり、江東区は今月4日から同店を3日間の営業停止処分とした。
Posted by ichi3 at 2013年01月05日 04:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック