2015年06月20日

韓国のMERS感染事件 5(サムソン病院の危機)

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、韓国でのMERS拡大はサムスンソウル病院での致命的な判断ミスが原因としています。引用すると『サムスンソウル病院の存在がある。同院では、ウイルスに感染したものの診断が遅れていた男性が緊急治療室で2日間を過ごした。関係者によると、この男性が隔離されるまでに、院内で少なくとも80人が感染したという』としています。
同病院は先端医療技術を完備した大規模施設であり『2013年に1日当たり7500人近くの患者を受け入れた。また、同院は13年に100億ウォン(約11億円)を投じて緊急治療室を改築し、さまざまな病気の患者を個別に治療できる体制を整えた。同年には1日当たり188人の患者を緊急治療室に受け入れた』とされます。
技術のみではSARSウイルスの感染が制御不能である現実を突きつけています。

韓国のMERS拡大、判断ミス悔やむサムスン病院
By JEYUP S. KWAAK
ウォール・ストリート・ジャーナル 015 年 6 月 19 日
ウェブは こちら
【ソウル】重い肺炎などを引き起こす「中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルス」の感染拡大に、韓国の名高い総合病院「サムスンソウル病院」の判断ミスが一役買っていた。ここは同国で最も裕福なサムスングループの李健熙(イ・ゴンヒ)会長が治療を受けている病院だ。

MERS感染拡大、注目集まるSARSの教訓
 韓国は国を挙げてMERSコロナウイルスの感染拡大を防ごうと躍起になっているが、その中心にサムスンソウル病院の存在がある。同院では、ウイルスに感染したものの診断が遅れていた男性が緊急治療室で2日間を過ごした。関係者によると、この男性が隔離されるまでに、院内で少なくとも80人が感染したという。
世界保健機関(WHO)のケイジ・フクダ事務局長補は17日、「この期間に、この患者が何度もせきをしながら緊急治療室内を移動したのは明らかだ」と述べた。
 ベッド数1900床を擁するサムスンソウル病院はMERS患者への治療は継続しているが、一般外来では大半の診療活動をストップした。関係者によると、李氏を別の場所に移動させる計画はないという。同氏は昨年に心臓発作を起こして以来、病院の最上階付近にあるVIP向け病室で治療を受けている。
 サムスンソウル病院の医師らは5月、男性患者が中東から帰ってきたと話したのを受け、この男性を韓国で初のMERS患者と診断した。この男性は隔離されたが、それ以前には地方の病院で別の男性と同じ病室に入っていた。そして、この同室した男性がサムスンソウル病院の緊急治療室でウイルスをまき散らしてしまったのだ。
 医師らによると、韓国では診断を受けるために病院を転々とし、最終的には信頼性の高いソウルの総合病院に行く患者が多い。WHOは、こうした「ドクター・ショッピング」と呼ばれる慣習がMERS感染拡大につながった要因の一つだと指摘した。
サムスンソウル病院は、最初の患者がMERSに感染していると診断された時点でウイルスを封じ込めなかったことを後悔している。この患者も病院を転々とし、4人の医者から診察を受けていた。サムスンソウル病院は14日、緊急治療室に入った患者が感染リスクを持っていると見抜けなかったことについて謝罪した。同院はかつて、緊急時に米大統領を治療できる病院としてホワイトハウスから指定を受けていた。
 韓国の保険当局は新たなMERS患者の発生ペースが鈍化しているとみている。ただ、最近でも数人の患者が陽性反応を示しており、彼らの多くがサムスンソウル病院と関係があった。
 ソウルの病院ではベッド数が不足しており、緊急治療室は埋まっていることが多い。緊急治療室に入るために数日間待たされる患者もいる。医師らによると、韓国には地元の医者からの紹介状を必要とする法律があるが、この目的は総合病院の混雑を避けることだ。だが、今では患者の多くが緊急治療室に直接向かっているという。

★韓国におけるMERS感染経路
 MERSと診断された患者の多くは、サムスンソウル病院の緊急治療室で何らかの処置を受けた家族や友人を訪ねた際にウイルスに感染した。ここで感染した人々はMERSと診断されるまでに国内のさまざまな場所に移動していた。
 公表された最新データによると、サムスンソウル病院は2013年に1日当たり7500人近くの患者を受け入れた。また、同院は13年に100億ウォン(約11億円)を投じて緊急治療室を改築し、さまざまな病気の患者を個別に治療できる体制を整えた。同年には1日当たり188人の患者を緊急治療室に受け入れたという。



posted by ichi3 at 19:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック