2018年01月14日

炎上し漂流中のタンカーが沈没 1(中国沖で衝突し大規模火災)

1月6日に上海沖で貨物船CF Crystalと衝突し火災を発生したイラン企業所有の石油タンカーSanchiが、炎上しながら漂流していましたが14日に大規模な爆発を起こし、日本の排他的経済水域内で沈没しました。タンカーの乗組員32名が行方不明となっています。

上海沖から漂流中のタンカーが爆発、沈没 32人が不明
朝日新聞 2018年1月14日
https://digital.asahi.com/articles/ASL1G64JXL1GUHBI00T.html?iref=comtop_8_06
 中国・上海から約300キロ離れた東シナ海沖合で衝突事故を起こし、火災を起こしたまま漂流していたパナマ船籍のタンカー「SANCHI」が14日正午(日本時間午後1時)ごろ爆発、沈没した。国営中国中央テレビなどが伝えた。イラン人30人、バングラデシュ人2人の乗組員全員が行方不明だったことから中国政府は救助活動を続けていたが、継続は厳しい状況になった。
 中国の報道によると、タンカーは突然爆発し、右側から傾くように海に沈んでいった。2時間ほどで船が完全に海中に沈んだという。
 タンカーは6日に香港船籍の貨物船と衝突。油が流出したまま南東方向に漂流を続け、日本の排他的経済水域(EEZ)に入ったことから、第10管区海上保安本部(鹿児島)も巡視船を出すなどして警戒に当たっていた。13日には中国の海難救助隊員が船内に乗り込み、3人の遺体を発見していた。(上海=冨名腰隆)


中国沖で衝突炎上のタンカーが沈没、乗組員の生存絶望的
AFP  2018年1月14日
http://www.afpbb.com/articles/-/3158474?cx_position=2
【1月14日 AFP】中国沖で貨物船と衝突して8日間、炎上していたイラン企業所有の石油タンカーが完全に沈没した。中国国営新華社(Xinhua)通信が14日、国家海洋局(State Oceanic Administration)の情報として伝えた。
 沈没したのは軽質原油13万6000トンを積載していたイラン企業所有でパナマ船籍の「サンチ(Sanchi)」(全長274メートル)。6日に中国・上海の東160カイリの沖合で香港船籍のばら積み貨物船「CFクリスタル(CF Crystal)」と衝突し、炎上していた。
 サンチには乗組員32人が乗っていて、これまでに1人の遺体が発見されたが、イランの救助隊は14日、イラン国営メディアに対し、生存者がいる見込みはないと語った。CFクリスタルの乗組員からの情報により、衝突による爆発とガス漏れで、サンチの乗組員は事故発生から1時間で全員死亡したとみられるという。(c)AFP


Burning oil tanker sinks off China after one week
BBC 2018年1月14日
http://www.bbc.com/news/world-asia-42680945


Stricken Iranian Oil tanker Drifts Into Japan’s Economic Zone as Fire Rages On
gCaptain 2018年1月12日
http://gcaptain.com/stricken-iranian-oil-tanker-drifts-japans-economic-zone/
ラベル:船舶事故
posted by ichi3 at 23:16| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: