2018年02月11日

炎上し漂流中のタンカーが沈没 9(生態系破壊の不安)

海洋汚染はタンカーの燃料である重油が約1900トンそしてコンデンセート(超軽質原油)が約14万トンが主な原因です。重油による海洋汚染は多発していますが、コンデンセートの大量汚染は前例がないと言います。
田中龍作氏は奄美大島を取材し『重油による漁業への被害も懸念されるが、不気味なのはタンカーの積荷であるコンデンセートの流出だ』と指摘し、『環境省が重い腰を上げたのは、アオウミガメが6日、奄美大島の海岸で死んでいるのが見つかってからだ(死亡原因は重油を飲んで窒息したためと見られているが)』とし、さらに『政府の広報機関である日本マスコミは当然のごとく報道が遅い。衝突事故そのものはすぐに報じたようだが、環境問題として伝えたのは2月に入ってからだ。ロイターは1月15日、北京・東京発で環境問題として報道した。「生態系に影響も」とする見出しだ。 福島原発事故(2011年)の際、日本政府がひた隠しにしていたメルトダウンを日本マスコミよりも先に指摘したのは、海外のメディアだった』と言います。
ロイターの15日記事を引用すると『タンカーの沈没は、コンデンセートの炎上よりも海洋生態系に悪影響を与える可能性があると、専門家は懸念している。バンカー重油は爆発性は低いものの、最も汚染性の強い種類の油で、流出した場合、非常に有害となる。コンデンセートも海洋生物にとって有害だ。「主要な石油流出事故において、最も重要なのは時間である。非常に有害で揮発性が高いため、コンデンセートの流出では特にそうだ」と、スタイナー氏は指摘する』と報じています。
また、毎日新聞は『中国当局は船や人工衛星で調査。沈没した海域一帯を監視し、1月末時点で、360カ所の水質検査で11カ所から基準値を超す油関連物を検出し、「環境に一定の影響がある」と見る。日本の海上保安本部は現場で船を走らせ、スクリューで軽質原油を揮発、拡散させる作戦を進めている』としています。また『鹿児島大の宇野誠一准教授(環境汚染学)は軽質原油について「揮発しやすく水に溶け拡散しやすい上、重油に多く含まれる毒性の強い多環芳香族炭化水素の含有量が少ない」と話す。火災で多くが燃えた可能性も踏まえ、英研究所の拡散予測を「過大ではないか」と疑問視。「一時的、局所的な影響がないとは言い切れないが影響は小さいだろう」と冷静だ』とも言います。
中国当局の動きは火災発生そして沈没後も非常に活発ですが、日本当局は海上保安庁の動きも組織的とは言えず、環境庁は『近く奄美一帯で緊急調査に乗り出す』と毎日新聞は報じており、田中龍作氏は『政府とマスコミの対応が遅くて「事なかれ」な時は、疑ってかかった方がいい』と強く主張しています。


【奄美大島発】福島原発事故を想起させる環境汚染の不気味 タンカー沈没、コンデンセート流出
田中龍作ジャーナル 2018年2月10日
http://tanakaryusaku.jp/2018/02/00017537
 サンゴの海に浮かぶ奄美大島。白い波が打ち寄せられる砂浜には黒い斑点が延々と続く。斑点は直径3?4センチから10センチ以上ある物まで大小さまざまだ。
 触るとゴムのように柔らかくてヌルヌルとし、コールタールの匂いがした。
 東シナ海でイランの船会社が所有するタンカーが中国の貨物船と衝突、日本の排他的経済水域(EEZ)で沈没した。衝突事故は1月6日に発生し、沈没は14日。
 奄美大島の島民が黒い斑点を海岸で見かけるようになったのは31日頃だ。黒い斑点はタンカーの動力用重油と見られている。
 重油による漁業への被害も懸念されるが、不気味なのはタンカーの積荷であるコンデンセートの流出だ。
 コンデンセートとはガス田から天然ガスを採取する際、発生する物質。水銀、鉛、硫黄などの毒物を含有するが、軽くて揮発性があり目に見えない。放射能と同じだ。
 桑原振一郎内閣官房審議官(危機管理担当)は7日、衆院予算委員会で川内博史議員(立民)の質問に対して「生態系や環境に与える影響は否定できない」と答弁した。
 衝突し沈没したタンカーは14万トンものコンデンセートを積んでいた。過去最大のコンデンセート流出事故といわれる。
 にもかかわらず日本政府の対応はあまりに事なかれだ。原発事故を思い起させる。
 海上保安庁は事故直後から現場海域に出動し消火作業などにあたった。しかし中島敏長官は「現場海域で採取した油分と(奄美大島や宝島に)漂着した油分は同一だという結論には至っていない」と言い放った。(7日衆院予算委員会・川内議員の質問に)
 当たり前だ。漂着しているのはタンカーの動力用燃料なのだ。毒性が指摘される積荷のコンデンセートではないのである。
 環境省が重い腰を上げたのは、アオウミガメが6日、奄美大島の海岸で死んでいるのが見つかってからだ(死亡原因は重油を飲んで窒息したためと見られているが)。
 英国国立海洋研究所はコンデンセートの漂流コースを予測する。情報統制で鳴る中国政府が、日本政府と比較にならないほどスピーディで大量の情報を発出する。
 政府の広報機関である日本マスコミは当然のごとく報道が遅い。衝突事故そのものはすぐに報じたようだが、環境問題として伝えたのは2月に入ってからだ。
 ロイターは1月15日、北京・東京発で環境問題として報道した。「生態系に影響も」とする見出しだ。
 福島原発事故(2011年)の際、日本政府がひた隠しにしていたメルトダウンを日本マスコミよりも先に指摘したのは、海外のメディアだった。
 コンデンセートによる被害が軽微に終われば、それに越したことはない。だが政府とマスコミの対応が遅くて「事なかれ」な時は、疑ってかかった方がいい。


タンカー事故、懸念の声 日本近海、原油拡大? 鹿児島・奄美漂着、環境省が緊急調査
毎日新聞2018年2月10日 
https://mainichi.jp/articles/20180210/ddm/041/040/132000c
 東シナ海で1月6日にタンカーが貨物船と衝突、積み荷の原油が流出した事故で、鹿児島県の奄美大島一帯に油が漂着し、絶滅危惧種のアオウミガメ1頭が窒息死しているのが見つかった。インターネット上では「黒潮に乗って日本近海が汚染される」「漁業が全滅する」と不安も広がっている。
 中国当局によると、衝突は上海の東の沖合約300キロで発生。タンカーは軽質原油「コンデンセート」11万トンと重油1900トンを積み、衝突後に南東へ漂流。奄美大島の西約300キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内で1月14日に大炎上し、沈没した。軽質原油10万トン超を積むタンカーの沈没は前例がない。
 英国の国立海洋研究所は拡散予測を公表。3月には関東沖に達すると呼びかけ、悲観論の根拠となっている。ただ同研究所は流出量が不明で正確な予測は難しいとする。予測には揮発しやすい軽質原油の性質を考慮する必要もある。
 中国当局は船や人工衛星で調査。沈没した海域一帯を監視し、1月末時点で、360カ所の水質検査で11カ所から基準値を超す油関連物を検出し、「環境に一定の影響がある」と見る。日本の海上保安本部は現場で船を走らせ、スクリューで軽質原油を揮発、拡散させる作戦を進めている。
 日本の海は大丈夫なのか。鹿児島大の宇野誠一准教授(環境汚染学)は軽質原油について「揮発しやすく水に溶け拡散しやすい上、重油に多く含まれる毒性の強い多環芳香族炭化水素の含有量が少ない」と話す。火災で多くが燃えた可能性も踏まえ、英研究所の拡散予測を「過大ではないか」と疑問視。「一時的、局所的な影響がないとは言い切れないが影響は小さいだろう」と冷静だ。
 ただし揮発しにくい重油はやっかいだ。
 1997年、日本海で沈没したロシアのタンカー「ナホトカ号」から重油約6000トンが流出した事故では、福井県などで海辺が油で真っ黒になった。
 今回の流出規模はそれより小さいが、油断はできない。重油とみられる漂着物は1月27日にトカラ列島で、2月1日以降は奄美大島や周辺の島々で確認。奄美大島の海岸には黒い漂着物が打ち寄せられ、表面を崩すと油のにおいがする。
 地元の漁師は「サンゴが死滅してプランクトンがいなくなり、漁獲に影響が出る可能性もある。モズクの養殖網も心配だが、それ以上に奄美の海で油が流れているという風評被害が怖い」と懸念する。すでに福岡県などからボランティアが来ており、鹿児島県は海岸に回収箱を置いて8日から本格的に回収を始めた。
 政府は首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を置いて情報を収集している。国会の衆院予算委員会でも議論され、環境省は近く奄美一帯で緊急調査に乗り出す。【上海・林哲平、神田和明、阿部周一】


衝突タンカーが日本EEZ内で沈没、原油流出が生態系に影響も
ロイター 2018年1月16日
https://jp.reuters.com/article/oil-tanker-marine-ecosystem-idJPKBN1F509F
[東京/北京 15日 ロイター] - 上海沖の東シナ海で貨物船と衝突し、日本の排他的経済水域(EEZ)内で14日沈没した石油タンカーから、大量の原油が流出しており、海洋生態系に与える悪影響への懸念が高まっている。
イランの海運会社が所有するパナマ船籍の石油タンカー「サンチ」は6日、香港籍の貨物船と衝突後、炎と煙を上げながら日本のEEZ内に漂流。約100万バレルの非常に燃えやすいコンデンセート(超軽質原油)を運んでいたタンカーは14日、爆発を数回引き起こした後に沈没した。
この事故により、タンカーのイラン人30人とバングラデシュ人2人の乗組員全員が死亡したとみられ、1991年にアンゴラ沖で26万トンもの石油流出を招いた事故以来、最悪のタンカー流出事故となっている。
新華社によると、中国の救助隊は13日、タンカーから2人の遺体を回収した。8日にもタンカーの乗組員とみられる1人の遺体が見つかっている。
イラン当局者は14日、残りの乗組員29人も死亡したとみられると発表した。
新華社はまた、中国の救助隊はタンカーの航行データを記録している「ブラックボックス」を回収したと伝えている。
東シナ海ではすでに汚染が進行しているものの、クジラやイルカ、海鳥などが生息し、その豊かさで知られていると、石油流出を経験したことのある米海洋科学者リック・スタイナー氏は話す。
タンカーの沈没は、コンデンセートの炎上よりも海洋生態系に悪影響を与える可能性があると、専門家は懸念している。
バンカー重油は爆発性は低いものの、最も汚染性の強い種類の油で、流出した場合、非常に有害となる。コンデンセートも海洋生物にとって有害だ。
「主要な石油流出事故において、最も重要なのは時間である。非常に有害で揮発性が高いため、コンデンセートの流出では特にそうだ」と、スタイナー氏は指摘する。
バンカー重油トレーダーの試算によると、今回事故を起こしたタンカーは約1000トンを積んでいたとみられる。
ラベル:船舶事故
posted by ichi3 at 21:44| 東京 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
海上保安庁の「奄美大島等における油状物関連情報」

http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/post-432.html
Posted by ichi3 at 2018年02月11日 23:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: