2018年03月20日

マイナンバー入力を外部業者に委託 2(マイナンバーが中国に流出の恐れ)

NHKの続報によれば『契約に違反して、およそ500万人分の個人情報を中国の業者に渡し、入力業務を任せていました』としました。
そして『日本年金機構の水島理事長は、参議院予算委員会で、「昨年末から事態が把握され、機構ではことし1月6日に特別監査を行った」と述べました。
そのうえで、水島理事長は「中国に委託していることが判明したため、中国の業者の監査をセキュリティー業者とともに行った。その結果、委託していた内容は氏名の入力であり、個人情報などの流出のおそれはないと判断している」』
としていますが、マイナンバーの扱いについては言及がありません。マイナンバーを含む個人情報が中国に流出した可能性があります。


年金情報入力を中国業者に再委託 厚労相「適切でない」
NHK 2018年3月20日
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180320/k10011371911000.html?utm_int=news_contents_news-main_003
公的年金をめぐり、130万人が少ない額を受け取ったことや、個人情報が入力業務を行う中国の業者に渡っていたことについて、加藤厚生労働大臣は、遺憾だとして、日本年金機構に再発防止策を取りまとめるよう指示する考えを示しました。
公的年金をめぐっては、所得税の控除の手続きが遅れ、先月、およそ130万人が本来よりも少ない額を受け取ったほか、日本年金機構からデータ入力を委託された業者が、契約に違反して、およそ500万人分の個人情報を中国の業者に渡し、入力業務を任せていました。
これについて、加藤厚生労働大臣は閣議のあと記者団に対し、「中国の業者から個人情報が外部に流出した事実は確認されていないが、一連の事務処理は適切ではない。年金が正しく支払われなかったことも含め、誠に遺憾だ」と述べました。
そのうえで、加藤大臣は「年金受給者にとって年金は非常に大事なものだということを認識し、年金受給者の立場に立って確実に業務を遂行していくことを徹底させる」と述べ、日本年金機構の水島理事長に対し、本来よりも少ない年金を受け取った人におわびの手紙を出すとともに、再発防止策を取りまとめるよう指示する考えを示しました。
年金機構理事長「個人情報の流出ない」
日本年金機構の水島理事長は、参議院予算委員会で、「昨年末から事態が把握され、機構ではことし1月6日に特別監査を行った」と述べました。
そのうえで、水島理事長は「中国に委託していることが判明したため、中国の業者の監査をセキュリティー業者とともに行った。その結果、委託していた内容は氏名の入力であり、個人情報などの流出のおそれはないと判断している」と述べました。

posted by ichi3 at 14:34| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: