2018年12月15日

マイナンバーが国税庁経由で大量漏洩

マイナンバーの大量漏洩事件が発覚しました。マイナンバーは全ての日本人に割り当てられ、一度流出すると悪用されるリスクが個々人に一生ついて回ります。毎日新聞は『国税庁は「納税者におわび申し上げる」としている』としていますが、「おわび」ですむ問題ではありません。当然ネットへの情報流出が考えられます。
国税庁のマイナンバーに対する無責任な姿勢が事件の一因と思われます。日本政府の信頼が根本から失われる重大事件ですが、グーグル検索をしても大手メディアの報道が一部に限られているのも危惧されます。


国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
毎日新聞 2018年12月14日
https://mainichi.jp/articles/20181214/k00/00m/040/179000c
 国税庁は14日、東京、大阪両国税局からデータ入力を委託されていた業者が契約に反して別業者に再委託し、マイナンバーなど個人情報が含まれる約70万件の書類を流していたと発表した。
 両国税局から委託されていた会社はシステムズ・デザイン(東京都杉並区)。両局が企業から提出を受けた、給与や住所、氏名、マイナンバーが記載されている源泉徴収票などのデータ入力業務を行っていた。
 マイナンバー法では、無許可の再委託は禁止されているが、同社は繁忙を理由に国内の3業者に再委託していた。再委託先に流した約70万件のうち約55万件はマイナンバーが記載されていたとみられる。両局は同社との契約を既に解除し、今後、入札参加資格の停止を行う予定。国税庁は「納税者におわび申し上げる」としている。【片平知宏】


東京国税局などから業務委託された会社が無断で再委託
TBSニュース 2018年12月14日
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3549467.html
 東京国税局などからマイナンバーなどの個人情報を入力する業務を委託された会社が、無断で別の会社に再委託していたことが、国税庁の調査でわかりました。
 国税庁は、東京国税局と大阪国税局から業務を委託された東京の情報処理会社「システムズ・デザイン」が、無断で別の会社に業務を再委託していたことを公表しました。
 国税庁によりますと、「システムズ・デザイン」はマイナンバーなどの個人情報が記載されているデータの入力業務を請け負っています。再委託された中でマイナンバーなどの個人情報が記載されているものはおよそ55万件に上っていますが、現在までに個人情報が外部に流出した形跡は見つかっていないということです。
 国税庁は「誠に遺憾であり、厳粛に受け止めております。ご心配をおかけしたことを心よりおわび申し上げます」とコメントしています。

posted by ichi3 at 10:40| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: