2020年03月18日

新型コロナウイルスが株式市場を直撃 16(世界同時下落トレンド止はまらない)

東証の下落に歯止めがかかりません。18日には『前日の終値より284円98銭(1・68%)安い1万6726円55銭で取引を終えた。終値が1万7千円を割り込むのは3年4カ月ぶり』(朝日新聞)となりました。
先立つダウ市場は前日比5.20%の上昇(+1048.86)でしたが、アジア市場とヨーロッパ市場も大きく下落しており、世界同時株安のトレンドは止まりません。


東証終値、3年4カ月ぶり1万7千円割れ 売り広がる 
2020年3月18日
https://digital.asahi.com/articles/ASN3L54FRN3LULFA02J.html?ref=tw_asahi
 18日の東京株式市場は、日経平均株価が前日の終値より284円98銭(1・68%)安い1万6726円55銭で取引を終えた。終値が1万7千円を割り込むのは3年4カ月ぶり。

 午前の取引では一時、300円超値上がりする場面もあったが、午後になって米国の株価指数先物が大幅安となり、取引が一時中断する「サーキットブレーカー」が発動されると、東京市場でも売りが広がった。


アップル株価
https://www.marketwatch.com/investing/stock/aapl

各国の株式市場の現状は 
http://www.w-index.com/

アメリカ株式市場のリアルタイムサイトは 
http://www.marketwatch.com/investing/index/djia

今日の世界株価指数は 
http://nikkei225jp.com
posted by ichi3 at 17:41| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: