2020年03月30日

米国でも新型コロナウイルスがクルーズ船を直撃 10 (パナマ運河通行を通過)

ザーンダム号(Zaandam)がパナマ運河の通行を許可され大西洋に出ました。救援にきたロッテルダム号もパナマ運河を通過しました。

パナマ海域の船舶位置
https://www.marinetraffic.com/jp/ais/home/centerx:-80.0/centery:9.5/zoom:9


パナマ政府、感染確認のクルーズ船に運河通航を許可
AFP 2020年3月29日
https://www.afpbb.com/articles/-/3275844?pid=22266416 
【3月29日 AFP】南米パナマ政府は28日、船内で乗客4人が死亡したクルーズ船に対し、パナマ運河(Panama Canal)の通過を許可した。パナマ当局は前日、新型コロナウイルスへの懸念からクルーズ船の通航を拒否していた。

 乗客乗員1800人超を乗せたクルーズ船「ザーンダム(Zaandam)」では130人以上がインフルエンザのような症状を訴えており、同船は南米にある複数の港で寄港を拒否され、今月14日から洋上に停泊していた。

 さらに、オランダのクルーズ船運航会社ホーランド・アメリカ・ライン(Holland America Line)は27日、同船内で乗客4人が死亡し、別の2人が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査で陽性だったと発表した。

 パナマ政府は、クルーズ船の通航を許可した理由について「人道的支援を提供するため」だとし、「乗客も乗員もパナマ領土に上陸することは一切ない」と強調した。

 クルーズ船の目的地は米フロリダ州フォートローダーデール(Fort Lauderdale)だが、同地まではパナマ運河を通過する必要がある。

 パナマ海事庁は28日、健康な乗客を別のクルーズ船「ロッテルダム(Rotterdam)」に移送していると説明した。

 ノリエル・アラウス(Noriel Arauz)海事庁長官はAFPに対し、検査で陰性だった乗客401人がザーンダムからの下船を許可されると説明。症状のある人や、症状のある人と接触した乗客は移送されないと述べた。

 またアラウス長官は、ザーンダムに食料や医薬品、検査キット、医療スタッフを送り届けたロッテルダムが、出発地の米サンディエゴ(San Diego)に戻る予定であると述べた。(c)AFP
posted by ichi3 at 18:56| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: