2008年04月13日

e-learningとOCWについて(情報追加2008年4月17日)

「授業とブログ」の関連事項としてネット教育があります。
e-learning(eラーニング)とはネットワークを利用した教育です。講義者と講受講者間の情報の流れは原則双方向的です。利用は有償で一種の通信教育といえます。

OCW(OpenCourseWare)とは大学等の授業情報(授業ビデオや関連資料など)をネット上で公開する活動のことです。講義者と講受講者間の情報の流れは一方向的です。原則無償で利用できます。非営利・教育目的の範囲でOCWの情報は使用、コピー、配布および変更が自由とされます。これはクリエイティブ・コモンズCreative Commonsに近い考え方のようでが、授業では第三者の図版やデータを使うこともあり、著作権上の問題が障壁としてあるようです。

OCWの原点は2001年秋にスタートしたMIT(マサチューセッツ工科大学)であるといわれます。
http://ocw.mit.edu/OcwWeb/web/home/home/index.htm

メディア教育開発センターにはネット教育のリンクページがあり便利です。
http://nime-glad.nime.ac.jp/

京都大学OCWシンポジウム (2006年7月31日)の動画映像がユーチューブ
掲載されています。音声やカメラワークに問題がありますが雰囲気は良く伝わってきます。
京都大学はユーチューブと契約しOCWを活性化していく戦略を持っているようでこれは注目です。
http://ocw.kyoto-u.ac.jp/
2009年11月24日変更
または
http://jp.youtube.com
にアクセスして
「京都大学OCWシンポジウム パネルディスカッション」
で検索をかけます。

posted by ichi3 at 11:48| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自治医科大学の公開講座には多くのビデオ資料があります。専門的なものもありますが一般向けも多く興味深いです。
http://nime-glad.nime.ac.jp/program/search/getcontents.php?lomid=openlect.jichi.vod.000000000010&mode=normal
Posted by ichi3 at 2008年04月20日 13:36
生きる意味(93分10秒)
養老孟司 氏の講演会のビデオです。「生」と対極の世界「解剖=死」のエクスパートが語る「生きる意味」の「意味論」はユニークです。
Posted by ichi3 at 2008年04月21日 17:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック